稜線の風を感じて

山歩き(エリア別、日付順)

2004年以降の主な山歩きをエリア別にまとめています。

エリアをクリックすればエリア別に飛びます。


北アルプス
南アルプス
八ケ岳
北信州エリア(北信五岳、その他の山)
東信州・浅間エリア
中信
奥秩父
九州


2003年以前のものはパス。行っているところは殆ど同じなので。
上のリストに無くて行っているところは北アの西穂・奥穂・前穂、黒姫山、火打山、志賀の赤石山・焼額山ぐらいかな。

しかしこうやって見ると、相変らず同じ山に行きすぎですね。
新規開拓しなきゃね!


  1. 2006/10/28(土) 21:18:24|
  2. 未分類

2003年の主な山旅

2003年は何かと忙しい年で山旅も里山も含め17回と寂しい限り。
週末はクタクタで山に行く気力も失せた年。
写真が残っている4山の記録をアップします。



2003年3月
雁田山(786m) 積雪期登るいつもの里山


この時期になると里山の雪も少なくなって来ました。
稜線上の多いところでも40cm程度。
今回も3頭のカモシカ君と遭遇。
2頭もカモシカ君10m程度の距離でバッチリ撮らせていただきました。
20060129120326.jpg


雪の下の餌を掘り起こした跡でしょうか?
20060129120419.jpg




2003年5月
岩菅山(2295m) 今年初

この時期はまだ結構雪があるが、部分的に夏山が出ているので大丈夫。
多いところでノッキリで残雪50cm程度。

登山口(一の瀬 聖平)
20060129120848.jpg


ノッキリには残雪がたくさん。
20060129121102.jpg


あと標高差200mで山頂だ!(ノッキリから)
20060129121253.jpg


山頂
20060129121338.jpg


帰りは底清水で湧き水をゲット。家でのコーヒー用。
大きな岩の底の当りからコンコンと水が湧いています。
20060129121453.jpg




2003年6月
根子岳(2207m)・四阿山(2354m)

レンゲツツジが満開でした。
山頂でマッタリしてたら、岩崎元朗さんではありませんか!

ツツジロードを行きます
20060129122211.jpg


キレイですね!
20060129122251.jpg




2003年8月
西穂高岳 独標(2701m)

なかなか山にいけない日々が続いたがストレスも溜まる一方なので思い切って西穂へ。
でも時間がないので上高地から独標日帰り。歩きたかったのであえて上高地から入山。

上高地の登山口
20060129122732.jpg


上高地からの登りは辛かった!登山口から山荘まで3時間。

やっとの思いで西穂山荘に到着し独標を目指します。
山荘を振り返ったところ。
20060129123055.jpg


目指す独標とその先の西穂山頂
20060129123154.jpg


独標はもうすぐ。山頂には人がたくさん。大部分は新穂高ロープウェイで来たんだろうな!
20060129123320.jpg


下山途中。笠岳の展望。全く未知のエリアだ!
20060129123425.jpg


上高地バスターミナル着が午後3時過ぎ。
結構な日帰り山旅でした。
  1. 2003/12/31(水) 23:56:00|
  2. 未分類

2002年の主な山旅

2002年は里山も含め22回。
徐々に余裕がなくなり、山行きも減少していった年。
山岳県に住んでおきながら実に情けない。
4回の山旅の記録をアップします。


2002年3月
飯縄山(1917m)
 

自然が作り出す雪の造形美
20060129194302.jpg


山頂付近から黒姫山、妙高山、火打山、焼山
20060129194415.jpg




2002年5月
岩菅山(2295m)


昨年の同時期、道に迷い遭難仕掛けた山。誤って谷方向に下りてしまいやばかった。今回は昨年に比べ残雪も少なく、道も十分把握しているので大丈夫。
20060129194602.jpg




2002年6月
黒姫山(2053m)


山頂で熊が出たとの情報があり、鈴を手で鳴らしながら下山。

古池と黒姫山
20060129194752.jpg


山頂付近から妙高
20060129194827.jpg


黒姫山からの高妻山と北ア
20060129194908.jpg




2002年6月
飯綱山(1917m)


偶然レンゲツツジが咲き始めていました
20060129195056.jpg


レンゲツツジと飯綱高原
20060129195126.jpg

  1. 2002/12/31(火) 19:32:41|
  2. 未分類

2001年の主な山旅

2001年は暇さえあれば山登りした年
回数は70回。里山と2000m級の山が中心ですが。
この回数を超えることは今後たぶんないと思う。
5つの山旅をアップしました。

2001年5月
岩菅山(2295m)


この年は残雪が多く、当然夏道も顔を出しておらず、誤って谷に下りてしまう。プチ遭難。

ノッキリから山頂
20060129214055.jpg




2001年8月
裏岩菅山(2341m)


今回はいつもの岩菅山からさらに奥に続く裏岩菅山まで縦走。
裏岩菅山は志賀高原で一番高い山。


岩菅山から裏岩菅山方面へのルート
20060129214404.jpg


裏岩菅山の山頂
20060129214451.jpg




2001年9月
蝶ケ岳(2677m) 小屋泊1泊2日山旅

1日目:上高地~徳沢~長塀山~蝶ケ岳
2日目:蝶ケ岳~三角点~横尾~上高地


上高地の朝
蝶ケ岳(041)20010929B

20060129214802.jpg


蝶ケ岳から穂高連峰
20060129214846.jpg


蝶ケ岳の稜線と槍
20060129214928.jpg




2001年10月
火打山(2462m)

一生に一度あるかないかの火打山の紅葉を見ることが出来ました。
★写真はより鮮やかになるように若干修正しています。

天狗の庭の入り口
20061028155249.jpg


なんとも言えない景色(火打山の山頂に向かう途中)
20061028155330.jpg


少し場所を変えてもういっちょ
20061028155416.jpg




2001年11月(正確には11月4日)
岩菅山(2295m)


志賀高原に入れば雪。
登山口までのルートもこの通りの雪。タイヤはまだノーマルだ!
まだ、11月4日だというのに。
20060129220035.jpg


ノッキリまで来るとこの積雪。10cmぐらい。
えらいこっちゃ。
20060129220148.jpg


山頂の様子
20060129220219.jpg


志賀高原当りの標高の高いところでは11月始めでも思いがけず雪道に遭遇することを実感。これがキッカケで11月始めにはスタッドレスタイヤに変えるようにした。



  1. 2001/12/31(月) 21:31:51|
  2. 未分類