稜線の風を感じて

遠征 蝶ヶ岳の秋(朝編) 2015年 #18

蝶ヶ岳(20151005) 207★16対9BlogD1

蝶ヶ岳(20151005) 345★BlogD2
  1. 2015/10/05(月) 22:00:00|
  2. 北アルプス南部

遠征 蝶ヶ岳の秋(夜編) 2015年 #18

蝶ヶ岳(20151004) 182A★16対9BlogC1
山の上の明かりは左から穂高岳山荘~北穂高小屋~槍ヶ岳山荘

蝶ヶ岳(20151004) 193B★16対9BlogC2
バックは御岳~乗鞍岳
  1. 2015/10/04(日) 23:00:00|
  2. 北アルプス南部

遠征 蝶ヶ岳の秋(日中編) 2015年 #18

遠征 蝶ヶ岳の秋(夕方編) 2015年 #18

遠征 上高地(涸沢・槍沢の帰り) 2015年

遠征 槍沢の秋 2015年 #17

遠征 涸沢の秋 2015年 #16

秋の遠征その3 北アルプス横尾~上高地(下山) #51

下山で1回にカウントするのは情けない気もするけど。
平坦な道で3時間ぐらいだったけれど、デカザック背負って歩いたし
1回にカウントさせて頂きます。

プランとしては、テント泊装備を担いで蝶ケ岳に登り、夕日とご来光、槍穂高の
絶景を見ようかとも思ったけれど、長野市で野暮用があって今回は蝶ケ岳は断念。
横尾から上高地に下山します。

徳沢から明神に向かう途中の梓川
天気いいですね。 
横尾山荘にあった天気予報ボードでは本日上高地は終日曇りでしたが。
上高地(20101007) 612

上高地といえば河童橋ですが、人が多いので河童橋の少し徳沢寄りと少し
バスターミナル寄りがいつもの撮影スポット。
バスターミナル寄りの場所で絵を描いているおじさんがいました。
山の稜線はガスで見えませんでしたが、絵に美しい稜線が描かれていました。
上高地(20101007) 641

上高地(20101007) 643

上高地(20101007) 644
沢渡でクルマを回収し乗鞍高原温泉へ。
白濁した温泉で汗を流し長野市に移動。
  1. 2010/10/07(木) 21:00:00|
  2. 北アルプス南部

秋の遠征その2 北ア槍沢・天狗原・南岳途中まで #50

昨日は横尾から涸沢往復、本日は横尾の我が家から槍沢・天狗原を往復。
コンセプト「楽して絶景ゲット」なので、テント泊装備は横尾に置き去りに
して軽い荷物で5時20分に横尾を出発。このルート、天狗原の分岐までは
緩やか登りなので、のんびり歩いても距離が稼げます。

前回(2008年)、今回と同じパターンで2日間で横尾から涸沢と
槍沢・天狗原を往復しましたが、この時は涸沢がスーパー快晴、槍沢・天狗原
が曇天でしたが、今回は逆。
昨日の涸沢の天気がいまひとつでしたが、本日の槍沢・天狗原はバッチリ。
槍沢(20101006) 394

槍沢(20101006) 411

槍沢(20101006) 416

槍沢(20101006) 443



  1. 2010/10/06(水) 21:00:00|
  2. 北アルプス南部

秋の遠征その1 北ア涸沢 #49

前日、大雨と行動を共にして沢渡入り。
でもこの雨が高い所では冷たい雨となり、翌日の放射冷却による冷え込みで、かなり遅れていた紅葉が一気に見頃を迎えたようで、今回は
タイミング良くいい思いをさせて頂きました。
沢渡Pから4人相乗りで4時45分頃出発、釜トンネルのゲートオープンと同時に上高地へ。
釜トンゲートは4時45分(5時の5分前)にオープン。
ルート:沢渡P~上高地~徳沢~横尾~涸沢~横尾(テント泊)

上高地を5時20分に出発。 
まず横尾で我が家を建て、荷物を軽くして本谷橋経由涸沢へ。
今回の山歩きのコンセプトは「楽して絶景ゲット」なので、重いデカザックを背負うのはほとんど平地の上高地~横尾間のみ(どうも重いザック
を長時間背負うのは無理なカラダになりつつあるというのもあって)。

涸沢ヒュッテと涸沢小屋の分岐、この時はまずまずの青空でしたが・・・
日差しが無いので写真だと少し暗めです。
涸沢(20101005) 089涸沢ヒュッテの下

涸沢(20101005) 170

涸沢(20101005) 112
  1. 2010/10/05(火) 21:00:00|
  2. 北アルプス南部
次のページ