稜線の風を感じて

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

2001年の主な山旅

2001年は暇さえあれば山登りした年
回数は70回。里山と2000m級の山が中心ですが。
この回数を超えることは今後たぶんないと思う。
5つの山旅をアップしました。

2001年5月
岩菅山(2295m)


この年は残雪が多く、当然夏道も顔を出しておらず、誤って谷に下りてしまう。プチ遭難。

ノッキリから山頂
20060129214055.jpg




2001年8月
裏岩菅山(2341m)


今回はいつもの岩菅山からさらに奥に続く裏岩菅山まで縦走。
裏岩菅山は志賀高原で一番高い山。


岩菅山から裏岩菅山方面へのルート
20060129214404.jpg


裏岩菅山の山頂
20060129214451.jpg




2001年9月
蝶ケ岳(2677m) 小屋泊1泊2日山旅

1日目:上高地~徳沢~長塀山~蝶ケ岳
2日目:蝶ケ岳~三角点~横尾~上高地


上高地の朝
蝶ケ岳(041)20010929B

20060129214802.jpg


蝶ケ岳から穂高連峰
20060129214846.jpg


蝶ケ岳の稜線と槍
20060129214928.jpg




2001年10月
火打山(2462m)

一生に一度あるかないかの火打山の紅葉を見ることが出来ました。
★写真はより鮮やかになるように若干修正しています。

天狗の庭の入り口
20061028155249.jpg


なんとも言えない景色(火打山の山頂に向かう途中)
20061028155330.jpg


少し場所を変えてもういっちょ
20061028155416.jpg




2001年11月(正確には11月4日)
岩菅山(2295m)


志賀高原に入れば雪。
登山口までのルートもこの通りの雪。タイヤはまだノーマルだ!
まだ、11月4日だというのに。
20060129220035.jpg


ノッキリまで来るとこの積雪。10cmぐらい。
えらいこっちゃ。
20060129220148.jpg


山頂の様子
20060129220219.jpg


志賀高原当りの標高の高いところでは11月始めでも思いがけず雪道に遭遇することを実感。これがキッカケで11月始めにはスタッドレスタイヤに変えるようにした。



スポンサーサイト
  1. 2001/12/31(月) 21:31:51|
  2. 未分類
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。