稜線の風を感じて

八ケ岳(赤岳・横岳・硫黄岳縦走)

横岳から赤20041029b

2004.10.29-30 八ケ岳シリーズ第5弾 
ついに八ケ岳の主峰赤岳(2899m)に登ります

1日目 スーパー快晴
ルート:美濃戸口~美濃戸~行者小屋~赤岳展望荘~赤岳~赤岳展望荘


待望の赤岳~横岳~硫黄岳 縦走だ!
しかも八ケ岳では初めての山小屋泊。


9時20分 美濃戸口で駐車場代2日分の1000円を払って林道へ。
美濃戸まで乗用車で行けるのか、車が止められるのか判断がつかないため美濃戸口をスタート地点とした。
歩いてみれば、クルマの腹こすりそうだが、乗用車でも気をつけて行けばと通れそうな林道。
まあ、この時のクルマはモビリオスパイクだったから置いていって正解だったでしょう。


[八ケ岳(赤岳・横岳・硫黄岳縦走)]の続きを読む
  1. 2004/10/29(金) 23:30:37|
  2. 八ヶ岳

北八ケ岳(双子池~亀甲池~大河原峠)

2004.10.24 八ケ岳シリーズ第4弾
ルート:大河原峠~双子山~双子池~亀甲池~天祥寺原~大河原峠


今日は高いピークもなく、まったり山歩き(というか散歩?)

白樺湖から女神湖経由で大河原峠へ。
大河原峠に到着した時は強風でガスが一面に。登ろうか止めようか思案していたら、あとから来た人たちがさっさと蓼科山の方向に登り始めた。じゃ、私も行きますか?(軟弱者)

大河原峠からまず双子山へ。登り始めたら天気もよくなってきた。
20060120074017.jpg


大河原峠からひと登り双子山の山頂。まっ平らだ!
20060120074137.jpg


双子池から下ると双子池ヒュッテ。
20060120074304.jpg


双子池(雄池)
20060120074352.jpg


双子池(雌池)
20060120074426.jpg


この先、コケのある暗い樹林帯を通って亀甲池へ。このルートを歩く人は少ないみたいだ。
20060120074605.jpg


天祥寺原を通って大河原峠に戻ります
20060120074716.jpg

  1. 2004/10/24(日) 23:33:54|
  2. 八ヶ岳

西天狗岳(2646m)・東天狗岳(2640m)

2004.10.23 八ケ岳シリーズ第3弾
ルート:唐沢鉱泉~西天狗岳~東天狗岳~黒百合ヒュッテ~唐沢鉱泉


唐沢鉱泉から右手の尾根から西天狗を目指します
唐沢鉱泉の源泉(宿の近くにあります)
20060120071204.jpg


西天狗までやってきました
西天狗から蓼科山方面の展望
20060120071341.jpg


これから行く東天狗(西天狗より)
20060120071440.jpg


西天狗から赤岳と阿弥陀岳。赤岳よ、もうすぐ行くからな!
20060120071554.jpg


東天狗までやってきました。東天狗から硫黄岳。
硫黄岳も待ってろ、もうすぐ行くぜ!
20060120071709.jpg


東天狗から黒百合におり、ここら唐沢鉱泉に下りました。

下山後の温泉:もちろん唐沢鉱泉
  1. 2004/10/23(土) 23:09:02|
  2. 八ヶ岳

北八ケ岳(麦草峠~高見石~黒百合~にゅう)

北八ケ岳(31)白駒池20041015

2004.10.15 
ピークを目指さない北八ケの山歩き
ルート:麦草峠→高見石→黒百合ヒュッテ前の天狗の庭→にゅう→白駒池→麦草峠

八ケ岳シリーズ第2弾。
麦草峠付近を歩いて北八ケ岳の魅力を感じる山旅。

麦草峠からスタートします
20060119214849.jpg


高見石までやってきました
20060119214951.jpg


高見石から白駒池
20060119215128.jpg


高見石から黒百合方面に行くと中山展望台
20060119215234.jpg


中山展望台付近から見る東天狗岳と西天狗岳
20060119215841.jpg


黒百合ヒュッテ
20060119215352.jpg


にゅう。何故、にゅうと言うのか分からず。白駒池にあった看板はにゅうは漢字で「乳」とあった。なぞが深まる。
20060119215428.jpg


にゅうから見る白駒池
20060119215507.jpg


にゅうから神秘的な白駒池に下りてきました。
白駒池に下りてびっくり。大型のカメラと三脚を抱えて人の多いこと。どうも白駒池の撮影は夕方がベストみたいで、麦草峠に戻る途中も次から次に撮影目的の観光客が白駒池にやってくる。
20060119215557.jpg

  1. 2004/10/15(金) 22:43:51|
  2. 八ヶ岳

蓼科山(2530m)八ケ岳シリーズ第一弾

2004.10.10 八ケ岳シリーズ第1弾
ルート:女神茶屋登山口~山頂~女神茶屋登山口


ついに八ケ岳エリアに初出撃。
記念すべき最初の山は蓼科山。


三段の急登をクリヤーしなければ頂上に立てなかった。
しかしあいにく天気が悪い。
結局苦しさだけが残る八ケ岳デビューとなりました。

登山口の看板
20060119210253.jpg


途中の紅葉
20060119210354.jpg


山頂近くまで登るとこのような石ゴロゴロの道
20060119210502.jpg


山頂。ガスで何も見えず。

20060119210540.jpg

  1. 2004/10/10(日) 20:54:37|
  2. 八ヶ岳

涸沢・北穂高岳(3106m)

涸沢(033)20041001b

2004.9.30-10.2
初の北穂を目指す旅。ついでに涸沢と屏風の耳で紅葉楽しんじゃえ!

1日目 晴れ
ルート:沢渡P~上高地~横尾山荘

今日は横尾までの予定なのでのんびり。
途中何時もは素通りする上高地自然センターに立ち寄り館内を見学。

穏やかな徳沢。この当りの紅葉はまだ早いみたい。
20060119124607.jpg


天候は曇りから徐々に晴れへ。横尾についた時は完全に晴れでした。
久しぶりの横尾山荘(95年8月以来)だが立派な風呂が出来たのには感激。
外から見ると右側に別館みたいなのが出来ていたがこれが実は風呂でした。
シャンプー・石鹸は使えないことをの別にすればまるで銭湯のよう。
浴槽は5人が入れるぐらいの大きさで、洗い場(シャワーあり)が4箇所ぐらいあったかな?


2日目 晴れ(めちゃいい天気!)
ルート:横尾~涸沢~北穂高岳~北穂高小屋


今日は初めての北穂を目指します(涸沢・奥穂は以前来たことあり)

横尾谷を進みます。屏風の壁と北穂高が見えてきました。
20060119125421.jpg


ついに来ました。紅葉まっさかりの涸沢。秋の涸沢は初めて。
でも先日の台風の影響で、赤色(ナナカマドの赤)がダメになった模様で、燃えるような紅葉とは行かなかったが、それでもキレイだ!
20060119133554.jpg


いい景色だね!来て良かった!
20060119133710.jpg


もういっちょ
20060119133756.jpg


涸沢の紅葉も十分堪能したので、北穂を目指します。
涸沢小屋の横の急登を行きます。
20060119133859.jpg


やっとの思いで北穂岳の山頂到着。ああ、疲れたびー。
20060119133948.jpg



北穂から槍方面。この景色があるから山は止められんのだ!
20060119134029.jpg


北穂高小屋
早かったので2人のスペースに2人のスペースを与えられラッキー!
後から来た方々は狭い場所にすし詰め。
ただ、ここはトイレは外にしかないんだね。


3日目 曇り、天気悪くなりそう
ルート:北穂~涸沢~屏風の耳~徳沢~上高地

今日はパノラマコースで上高地まで下山します。
北穂から慎重に涸沢におります。涸沢からパノラマコースへ。
今回、初めて屏風のコルから耳まで登ります(以前はコル止まり)。
どうしても屏風の耳から涸沢の紅葉が見たかったのだ。

屏風の耳からの涸沢の紅葉。天気悪化でいまひとつ。
20060119131112.jpg


屏風のコルから徳沢へ。ここは苦痛でしかない長い長い単調な下り。
徳沢から黙々と上高地に向かう


  1. 2004/10/02(土) 22:00:00|
  2. 北アルプス南部