稜線の風を感じて

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

くじゅう山歩 坊ガツル~星生山  #16

坊ガツル~星生山(20100330) 122

今回は時間が取れたので3月ラストの山歩
泥んこを避け今回のルートを選択(朝は冷え込みでカチコチを想定)
★長者原~雨ケ池~坊ガツル~北千里ケ浜~久住分れ~星生山~星生新道~硫黄山道路~長者原
星生新道の後半は通過時間がお昼ということで少しドロドロでしたが、その他は冷え込みのお陰で許容できるレベル。
スポンサーサイト
  1. 2010/03/30(火) 23:00:00|
  2. くじゅう連山

ミヤマキリシマコースの下見を兼ねて阿蘇山(初)  #15

阿蘇山(20100327) 003仙酔尾根へ

活火山の噴火口が見たいという目的でしたが、歩きながらミヤマキリシマ鑑賞コースの下見になっちゃた感じ。
仙酔峡登山口周辺、高岳東峰周辺 すばらしいミヤマキリシマの群落がある模様。
くじゅう連山より少し早めに咲くようですね。また楽しみが増えました。
今回は初めてということで、九州百名山の本のルート通り歩いてみました。
仙酔峡登山口~(仙酔尾根)~稜線~天狗の舞台~高岳東峰~高岳(珈琲)~中岳~火口展望台~仙酔峡登山口
久しぶりの新規百名山、今回で百名山は31座。
百名山を全て登ろうという意識はないので、そろそろ打ち止めでしょう。
家から仙酔峡登山口まで90K、時間にして2時間弱。
くじゅう登山口(長者原)までが50Kなので、少し距離がありますが十分日帰り圏内であることが確認できました。
  1. 2010/03/27(土) 22:16:36|
  2. 九州の山(くじゅう以外)

さわやかハイキングin涌蓋山  #14

涌蓋山(20100319) 066b

今回はこれまでの涌蓋山(わいたさん)登山の中ではベストの展望
ただ女岳への登りに差し掛かった辺りから風が強くなり、このあとの工程は
登山口に下山するまで上はレインウェア装着でした。
ルート:八丁原登山口~一目山~ミソコブシ~女岳~涌蓋山(往復)
  1. 2010/03/19(金) 23:00:00|
  2. くじゅう連山

三俣山 #13

三俣山(20100317) 038本峰から南峰へ

午前中は風が強いとの予報を耳にして、やや遅めの午前9時前に長者原を出発。
長者原のリキマル君は気持ちよさそうに朝寝中。
少し久しぶりの快晴の空の下で山歩してきました。
多少泥リッチ登山道でしたが、三俣山(みまたやま)はまだまし。
長者原~(硫黄山道路)~スガモリ越~三俣山(西、Ⅳ、本、南)(往復)
  1. 2010/03/17(水) 23:00:00|
  2. くじゅう連山

懲りずに久住山の東稜朝駆け+中岳、天狗ケ城 #12

久住東稜(20100312) 070

久住東稜(20100312) 060

前回の朝駆けで完璧晴れマーク予報で行ったのに大外れ、かける労力の割には報われないのでしばらく止めておこうかなと思っていたのに、
また行ってきました。
雪も降ったし、天気予報も良いとなれば行かざるを得ないでしょう。病気かも。
久住山避難小屋までは一面のガスで嫌な予感。
でも稜線は強風だったものの奇跡的に久住山東稜では日の出の時間帯だけガス
が取れ、3回目にしてやっとまともなご来光を拝ませて頂きました。
このあとの中岳、天狗ケ城は体が飛ばされそうな強風、一進一退を繰り返すガス。
雪は少なめでした。まとまった雪が降った翌々日だから仕方ないですね。
ルート:牧ノ戸峠~東稜~久住山~中岳~天狗ケ城~牧ノ戸峠
  1. 2010/03/12(金) 21:31:49|
  2. くじゅう連山

競秀峰 崖っプチ探検コース #11

競秀峰(20100308) 065b

競秀峰2
きょうしゅうほう(大分県中津市本耶馬溪町)
競秀峰、ここは紅葉のシーズンに上の写真のように下から眺めるところ
だと思っていたら、ここの上を歩くコースが存在することを最近知りました。
一般観光客も行けるコースっぽいので、山のぼら~としてはどうかなという
思いもありましたが歩いてみました。

競秀峰 陣の岩から
観光案内所の登山口から弘法寺の登山口まで約1時間のお気軽縦走コース。
ですが、樹林帯と展望適地(岩の上に立てる展望台)がうまい具合に
ミックスされており、片側絶壁コースには鎖場もあったりして、短時間
ではあるけれど楽しめるコースでした。
普通の靴でも歩けますが登山靴の方が快適・安全です。
秋は上から眺める紅葉の絶景が期待出来そうです。
写真は本コースの最高の展望台と思われる「陣の岩」からのもの。

今回のルートは探検ということで
公共駐車場登山口~分岐~(プチ縦走)~観光案内所登山口~(引き返し)~
(プチ縦走)~分岐~弘法寺登山口~公共駐車場
でした。
  1. 2010/03/08(月) 14:35:21|
  2. 九州の山(くじゅう以外)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。