稜線の風を感じて

久住山~稲星山~中岳~天狗ケ城 #47

久住(20100925) 040

牧ノ戸峠~久住分れ~久住山~稲星山~中岳~天狗ケ城~牧ノ戸峠
秋のさわやかな空気を想定していたら、牧ノ戸峠に到着して車から出ると「寒っ!」
レインウェア(上)と手袋を着込んで牧ノ戸峠から入山(6時50分ころ)。
久住分れ付近からは帽子を飛ばされる程の強風(北風)。遠く離れた台風の吹き返しの風か?この強風は結局、このあと中岳まで続く。
前日夕方お天気お姉さんは絶好の行楽日和と言っていたんだけど、強風さえなければ前半は行楽日和だったかな。後半、くじゅう連山上空には雲が増え、雲行きは怪しくなる一方。
帰りに星生山に寄る予定でしたがパスして下山。
  1. 2010/09/25(土) 23:00:00|
  2. くじゅう連山

くじゅう連山の激混みを避けて涌蓋山へ #46

涌蓋山(20100918) 036女岳

くじゅうは激混みとみた。三連休の初日ですからね。しかも好天だし。
静かに歩きたいので涌蓋山(わいたさん)へ。
ロングコースをテクテク散歩気分。 
山頂では珈琲を飲みながらトンボと蝶と戯れ約1時間まったり。
日差しはまだ夏の感じですが、風は涼しい秋のもので快適な散歩が出来ました。
山頂での1時間まったりを含めて6時間の散歩でした。
  1. 2010/09/18(土) 19:35:44|
  2. くじゅう連山

久しぶりに由布岳 #45

由布岳(20100917) 008
由布岳は思いがけず霧氷に遭遇した4月以来。
  1. 2010/09/17(金) 16:55:50|
  2. 九州の山(くじゅう以外)

何しに行ったんだか・・久住山東稜(朝駆け) #44

久住山東稜(20100911) 014

久住山東稜で音楽を楽しんで来ました。
Weathernewsの長者原付近の天気は晴れ、tenki.jpは曇り。
Weathernewsを信じ午前3時過ぎに牧ノ戸から入山。
途中満天の星空も出たりして、おっ!いいかもと思いながら久住山東稜着。
しかし東稜は南側(久住町側)から猛烈にガスが湧き上がる。ガスというより小雨状態。
夜明け時間の5時20分少し前に到着したので、防寒着を着込んで、上原ひろみをWalkmanで聞きながら日の出(5時50分頃)を待つことに。
で、肝心の日の出時間になっても太陽さんお出ましにならず。
そういえば、ニュースで高気圧のふちを回ってに暖かく湿った空気が西日本に流れ込むなんて言っていたなあとふと思い出す。
結局、本日は太陽を見ることもなく牧ノ戸に下山。我慢強く待てば晴れ間も出るんだろうけれど、私は待てない。
次回の朝駆けは秋の乾いた大陸の高気圧に覆われる頃かな。
  1. 2010/09/11(土) 20:00:00|
  2. くじゅう連山

北ア遠征4日目 三俣蓮華~双六岳~新穂高 #43

本日は新穂高への下山日。
午前3時半に三俣山荘テン場を出発し三俣蓮華岳に朝駆け。
約50分で山頂に到着。
もちろん山頂独り占めで夜明けショーを満喫。いい色に染まってくれました。
今日はこのあと、2日目ガスで全く展望のなかった双六岳経由で新穂高までダラダラ歩き。
鏡平から先は熊ちゃんが出そうなので鈴を鳴らしながね。
しかし山も猛暑ですね。登りがない下山でも汗だく。

三俣蓮華(20100902) 619

双六稜線(20100902) 654

双六から槍(20100902) 008
  1. 2010/09/02(木) 23:00:00|
  2. 北アルプス最奥部

北ア遠征3日目 雲ノ平~鷲羽岳~三俣山荘 #42

本日予定は雲ノ平から水晶岳を往復してから鷲羽岳経由で三俣山荘だったが、昨日 雲ノ平を見て回ることが出来なかったので水晶岳往復を止め、
朝の雲ノ平散歩へ(水晶岳は過去1回行っているからいいや というのはウソで、しんどかったから)。

前回雲ノ平に来たのは9月下旬だったので、花を意識することはありませんでしたが、7月下旬~8月上旬は雲上の花の楽園になるみたいですね。 
今回は一面チングルマの綿毛でした。

本日のルート:
雲ノ平~祖父岳~ワリモ北分岐~ワリモ~鷲羽岳~三俣山荘(テント泊)
雲ノ平(20100901)R0011649

雲ノ平から薬師(20100901)R0011685

雲ノ平から水晶(20100901)R0011708

鷲羽(20100901)R0011833
  1. 2010/09/01(水) 23:00:00|
  2. 北アルプス最奥部