稜線の風を感じて

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

飯綱山(1917m) 十三仏+α

飯綱山20060521)037b
2006.5.21
日帰り 天気晴れ
ルート:南登山道(往復)

予定では、新規の里山開拓のつもりだったが、昨日の大雨と情報不足(登山口が不明)により断念。

で、今日はいつもの飯綱山へ。
ただし、今回は南登山道にある十三の石仏にフォーカスを当てての登山。
十三仏は亡くなった方の供養のために行われる13回の法要の本尊として迎える諸仏、諸菩薩のこと(らしい)。
飯綱山の南登山道にはこの十三の石仏がポイントポイントに置かれています。

しかし今日の飯綱山は人がいっぱい。私の登り・下りの時間帯で会った人だけでも、ざっと数えて130人ぐらい。
この山でこんなに多くの人と会ったのは初めてだ!
今日登る飯綱山を登山口付近の湿原(大谷地湿原)から見たところ。
湿原には、黄色のリュウキンカが満開でした。
20060521181116.jpg


リュウキンカ(立金花)のアップ
20060522063625.jpg


第一 不動明王(左)と第二 釈迦如来(右)
20060521181310.jpg 20060521181341.jpg>

第三 文殊菩薩(左)と第四 普賢菩薩(右)
20060521182351.jpg 20060521182418.jpg

第五 地蔵菩薩(左)と第六 弥勒菩薩(右)
20060521190101.jpg 20060521190203.jpg

第七 薬師如来(左)と第八 観音菩薩(右)
20060521190504.jpg 20060521190526.jpg

第九 勢至菩薩(左)と第十 阿弥陀如来(右)
20060521190727.jpg 20060521190750.jpg

第十一 阿しゅく如来(左)と第十二 大日如来(右)
20060521191123.jpg 20060521191143.jpg

第十三 虚空蔵菩薩
20060521191256.jpg


これで終わりと思ったら第十と第十一の石仏の間に馬頭観音がありました。
20060521191607.jpg

以前一度13個を数えながら登ったことがありましたが、数がおかしいと思っていましたが、実は13仏+1仏(馬頭観音)の14体だったんですね。
これでスッキリ。

山頂近くまで来ました。北アもはっきり見えていますね。本日登られている方は絶景を見ていることでしょう。手前右側は戸隠連峰。
20060521192058.jpg


南ピークから山頂方面。まだ残雪がありました。多いところで50cm程度か。ほぼ1カ月前の4月15日に来たときは凄い残雪でしたが、ここ1カ月で融雪が急激に進んだんですね。
20060521193328.jpg


左は4月15日の山頂右は本日の山頂。4月15日は右側写真の山頂標識の上にある棒のみが出ている状態。2m近くあった雪が無くなったということですね。
20060521192433.jpg 20060521192458.jpg


山頂から高妻山
20060521192745.jpg


山頂から右側手前が黒姫山、右側奥が妙高、左へ火打山と焼山
20060521192847.jpg


  1. 2006/05/21(日) 18:12:09|
  2. 長野周辺の山々
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。