稜線の風を感じて

岩菅山(2295m) 日帰り縦走の山旅

岩菅山(20060603)084b
2006.6.3
いわすげやま
日帰り 天気 晴れ
ルート:高天ケ原~東館山~寺子屋山~ノッキリ~岩菅山~ノッキリ~一ノ瀬~高天ケ原
歩行距離 約14K


先週は山に行けず、来週からは梅雨入りの予感。
山のぼらーの皆さんも、あちこっちの山にお出かけのことでしょう。
私も今週末は山三昧にします。

まず本日6月3日(土)は先週のお山に行けずのウップンを晴らすかのうように、日帰りで縦走コースへ。
休憩を含め行動時間7時間ちょい、歩いた距離14K。日帰りにしてはは、結構頑張りました。

行き先は志賀高原の岩菅山。2000m級の山では一番好きな山です。

ちなみに、明日6月4日(日)は岩菅山の開山祭です(山ノ内町主催)。
7時30分スタートです。志賀高原の高天ケ原マンモススキー場を登ります。夏山リフトが8時30分ころから動きますが、山のぼらーにとっては少し遅い時間なので、歩きます。 炎天下のゲレンデ歩きは辛いんだな、これが! 
20060603215456.jpg


ゲレンデを少し登ると残雪が。冷っとして気持ちいい。
20060603215603.jpg


約30分汗だくでゲレンデトップへ。このあと、東館山高山植物園を通過しますが、まだ花はまったく咲いていませんね。花の時期に来れば高山植物鑑賞+縦走なんて贅沢な山旅ができそうですね。
20060603215711.jpg


少し行くと、水芭蕉。
20060603215833.jpg


寺子屋山スキー場に向かう途中の残雪。結構ありますね。
20060603215937.jpg


寺小山スキー場です。嫌なゲレンデ歩き再び。ここを登りきれば稜線にでます、もう少しの我慢。
20060603220026.jpg


やっと稜線です。今日目指す岩菅山が見えてきました。かなり先ですね。案内標識から判断して、山頂までは4Kの距離です。ここから約1時間半は多少アップダウンはあるものの快適稜線歩きとなります。
20060603220136.jpg


危ねー、ちょっと行くと凄いスノーブリッジが。地面までに70cmはある感じ。こんなところを踏み抜いたら大ケガだ。
20060603220251.jpg


やっぱり今年は大雪だったんですね。稜線でもこんな残雪が。多いところで1mぐらいあります。
20060603220345.jpg


岩菅山が少し近くなりました。でもまだ3Kぐらい距離があります。日帰りコースでこんな縦走が出来る所はそうないと思います。アップダウンは少しありますが、稜線歩きはいいですね。
20060603220452.jpg


ノッキリにやってきました。この当たりも残雪多いですね。
20060603220540.jpg


ノッキリ付近から見る岩菅山。いい絵です。
20060603220629.jpg


山頂に向け標高差200mを登ります。
20060603220741.jpg


この緑のトンネルを抜けると
20060603220831.jpg


ついに山頂です。北は苗場方面、西は志賀高原焼額山(その先は霞んで見えず)、南は横手山と四阿山・浅間山方面、東は群馬の山(こっちはよう分からん)が一望できます。
20060603220936.jpg


山頂にはトイレもありますよ。

山頂でしばしマッタリ。おにぎり食べて、ラーメン食べて、そしてコーヒー。食べすぎ?これだけ歩くと腹も減るんです!

下山です。ノッキリまで下ります。途中、山頂方面を振り返ると残雪が、何か動物の形になっているのを発見。ワンコ?ニャンコ?
これもちょっとした雪形?
20060603221043.jpg


ノッキリから先はルートを変えて、尾根道を下り一ノ瀬を目指します。
アライタ沢を渡れば、あとは用水路沿いに平坦な道となります。
途中、岩の下からコンコンと清水が湧き出ている「底清水」を通過。
20060603221342.jpg


一ノ瀬 聖平の上(小三郎小屋跡)をさらに直進し、右側に焼額山スキー場を見ながら、一ノ瀬を目指します。山頂アタックだけなら、この聖平上を右側に少し下りると聖平登山口があり、ここからだと比較的短い時間で山頂に立てます。稜線歩きはないけどね。
20060603221804.jpg


一ノ瀬ファミリースキー場に出ました。ゴールも近いね。
20060603221932.jpg


最後は、せせらぎ遊歩道を歩き駐車場へ。遊歩道沿いにも水芭蕉が。
20060603222025.jpg


久しぶりに長い山歩きでした。昔は長い時間歩くと膝が痛くなったりしましたが、最近は無くなりました。
丈夫になったもんだ!しかし無理は禁物。マイペース、マイペース!

下山後は、知る人ぞ知る ほたる温泉(熊の湯)の長寿の湯へ。何と、ここは無料なんですよ。今回で3回目かな?
20060603222132.jpg



明日は某町の山開きイベントに出没予定。 採れたての筍(根曲がり竹)の筍汁にありつけるかも!

  1. 2006/06/03(土) 19:53:52|
  2. 長野周辺の山々