稜線の風を感じて

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

霊仙寺山(1875m) 初めての開山祭参加&タケノコ汁の旅

霊仙寺山(20060604)003b

2006.6.4
りょうぜんじやま(れいせんじやま)
日帰り、天気 晴れ~薄曇
ルート:いいづなリゾートスキー場~霊仙寺山~いいづなリゾートスキー場

丸山晴弘著「信州 魅力の山と湯」によると歴史的にも「れいせんじやま」ではなく「りょうぜんじやま」と読むのが正しいみたいです。
昨日の岩菅山に続いての連ちゃんで、しかも02年10月に一度登ったことのある山で急登であることは理解してたが、やっぱり急登で(当たり前じゃん)、
結構ハードな山歩きでした。
でも苦労した甲斐もあって、山頂ではちょっとしたご褒美もありの苦しくも楽しい山旅でしたよ。

飯綱町の開山祭ということで登り始める前に神事がありました。

さあ、登りますか!昨日に続いてのゲレンデ登りです。嫌になっちゃうけど仕方ない。
ゲレンデを登らない登山ルートがお隣の信濃町にありますが、今日は飯綱町の主催
なので飯綱町のいいづなリゾートスキー場から登ります。
参加者は約50人ぐらいかな。
20060605231007.jpg


ゲレンデの8合目当たりまで登り、トラバースし、信濃町からのルートと合流します。
新緑の中を登るIさんとSさん。
20060605231059.jpg


開山祭ということで、参加者も老若男女で、当然頻繁に休憩しながらのマッタリ山歩き
と思っていたら、意外に皆さん、元気に登っていくではありませんか?

信濃町からのルートと合流してからは、急登の連続。
しかも、筍(筍といっても、この地域の筍は正確には「根曲り竹」という笹の子ですが)
を取りながらの登り。
「山頂で食べる分だけとってくださいね、採れなかった人は山頂での筍汁はありませんよ」
と脅されるも、私はなかなか発見できず(急登でそれどころじゃなかった?)。 
皆さん、登山道から外れて結構奥まで入っていって採っていましたね。

飯綱山との分岐まできました。もう少しで山頂です。
20060605231216.jpg


ついに山頂です。
今日に限っては、お隣のメジャーな飯綱山よりこちらの方がにぎやかですよ。
霊仙寺山(1875m)は、いつも登っている飯綱山(1917m)とは稜線でつながった隣の
山ですが、結構登り甲斐のある山ですね。
調べると、飯綱山の標高差(南登山道)は717m、対し霊仙寺山は955mあるんですね。
道理できつい訳だ。
20060605231319.jpg


山頂では採ったばかりの筍の皮むきが始まっていました。

山頂から高妻山
20060605231442.jpg


山頂から飯綱山
20060605231539.jpg


登る途中で皆さんが取ったばかりの筍の筍汁の準備をしてくれています
(私はどう作るのか興味津々)。
20060605231743.jpg


鯖缶と味噌で煮込むだけのシンプルなものでした。これなら私でも出来そうだ!
いつかどこかでチャンスがあればやりたいなと思う。

私は収穫ゼロでした(登るのに必死?)ので、おこぼれ頂戴作戦へ。
一通り皆さんに筍汁が行き渡ったところで、コップを差し出す。やった! 収穫ゼロ
の私も筍汁にありつけました。
意外と柔らかいですよ。新鮮だから?
こういう山の楽しみもあるんですね。新鮮でした。 
20060605232043.jpg


山頂で2時間ぐらいまったりしていました。
下山は、飯綱山経由でいいづなリゾートスキー場に下りるルートもあるようですが、
今回は素直に来た道を戻ります。
ゲレンデに出ると山菜を取る人が結構います。
今回一緒に登ったIさんも、Sさんも、ワラビを採りながらゲレンデを下りて行きます。
20060605232141.jpg


山開きイベントへの参加も初めて、登山途中に採ったタケノコを食するのも初めて。
山開きイベントって、もっとゆっくり、まったり登るものと勝手に想像していましたが、
結構皆さんマジに登る方が多く驚きました。
ゲレンデ歩きのない、信濃町から登るコースもお勧めです。

それから意外に花が多かった。 隣の飯綱山は花のイメージはあまりありませんが。
で、最後に今回の山歩きで見つけた花をご覧ください。
20060606222631.jpg 20060606222712.jpg
20060606222742.jpg 20060606222803.jpg
20060606222826.jpg 20060606222848.jpg

  1. 2006/06/04(日) 20:50:48|
  2. 長野周辺の山々
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。