稜線の風を感じて

三俣山 #2

三俣山05

このあと1週間、九州から近畿は最悪レベルの汚い空気に覆われる予報。
なので空気がキレイなうちに三俣山へ。
本峰~南峰直下の間はトレース無く急斜面なので避けて、トレースのあった本峰~Ⅳ峰分岐から南峰へ。
トレースが無いところは踏み抜くと膝当りまで埋まりました。
歩く人が少ない三俣山は、大雪後はスノーシューがあると便利でしょうね。
今回スノーシューは一応持参したが、さすがに必要ないだろうと思い車に置いていった。

退屈な下山の友は「Debby Booneベストアルバム2枚(2001,2006)」と「ボスコフスキー指揮ウィーンフィルのシュトラウスコンサート(1984)」
  1. 2014/01/27(月) 22:00:00|
  2. くじゅう連山