稜線の風を感じて

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

避難小屋でお茶~久住山 #19

久住山086

予定では久住分れ上の台で三俣山をバックに星空撮影、久住山で夜明けを迎えるつもりだったが、登り始めて間もなくガスと小雨。
何とか雨具無し久住山避難小屋まで行くが、ここで停滞を決断。
夜明け・日の出時間になっても状況変わらず。こんな予報ではなかったが、山の天気は読めません。
珈琲と音楽で8時半まで粘るも回復の兆しはなく、とりあえずガスと小雨の中、久住山のピークだけ踏んで下山。
下山時、沓掛山まで下りると青空が。それでも後方の久住山エリアはまだまだガスの中でした。
  1. 2014/10/09(木) 22:00:00|
  2. くじゅう連山
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。