稜線の風を感じて

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

日本一美しいブナの森で森林浴

カヤの平高原(20060903)051b

2006.9.3

長野県木島平村のカヤの平高原を歩いてきました。
木島平村のホームページに「日本一美しいブナの森」と紹介されているのを偶然発見。
季節的には中途半端な時期ですが、居ても立ってもいられないので、紅葉時の下見ということで行って来ました。


今回のコースは完全にウォーキングコースですので、山のぼら~は
1747mの高標山(たかっぴょうやま)を組み合わせるといいかも。
高標山の山頂の展望いいみたいですよ。
一方、北ドブ湿原の奥にある1676mの八剣山(はっけんさん)は山頂の展望無し(らしい)。

ルート:
総合案内所(P)~信州大学カヤの平ブナ原生林教育園~(東回り)~北ドブ湿原~(西回り)~P
総合案内所(P)~南ドブ湿原~P

歩行距離約7K、所要時間約2時間30分

ブナ林で有名なところは世界遺産でもある「白神山地」でしょうし、美しい森といえば、その名も
ズバリ「美ノ森(うつくしのもり)」なんていうのが八ケ岳山麓にあるし、本当にここが日本一の美しいブナの森かどうかの真偽のほどは定かではありませんが。 
でも素晴らしい森林浴コースでした。 
家から50Kも走れば、こういうところに来れるんですから、幸せです。
こういう偶然の機会を与えてくれた神様に感謝ですね。
紅葉時に是非もう一度歩きたいコースです。


コース地図(クリックで少し大きくなります)
20060903170858.jpg



カヤの平高原総合案内所がある駐車場からスタートです。
まずは、北ドブ湿原に行く前にちょいと寄り道。信州大学カヤの平ブナ原生林教育園へ。
一周700mあまりの遊歩道コース。
20060903171027.jpg



日本一美しいブナの原生林。癒されますね!
20060903171108.jpg



樹齢300年のブナの巨木
20060903171144.jpg



元の道に戻り、東回りで北ドブ湿原を目指します。ブナ原生林の中を登ります。緩やかな登りです。
20060903171226.jpg



中間地点の広場。いろんなコースの分岐になっています。
右前方にコースを取り、北ドブ湿原を目指します。
20060903171310.jpg



ここからもしばらくブナの原生林です。
20060903171350.jpg



湿原に出ました。北ドブ湿原です。もう少し時期が早かったら一面お花畑だったんでしょうね。
20060903171428.jpg



いかにも湿原という感じの木道が続きます。
20060903171519.jpg



北ドブ湿原で出会った花たち。お花の時期はとっくに過ぎていましたが。
No. 1 & 2
20060903171628.jpg 20060903171707.jpg

No. 3 & 4
20060903171740.jpg 20060903171808.jpg



湿原を離れ、再びブナの原生林に入ります。緑のトンネルですね。
20060903171907.jpg



来る時に通過した分岐まで戻ってきました。
ここから西回りのコースに入ります。同じところを歩かないので新鮮です。
20060903171959.jpg



しつこいぐらいのブナの原生林が続きますよ。
20060903172037.jpg



カヤの平高原総合案内所がある駐車場まで戻りました。
せっかくですから、南ドブ湿原にも足を伸ばしてみました。
20060903172124.jpg



こっちはブナではなく、ダケカンバと白樺の森です。
20060903172231.jpg



小さな湿原で、湿原には入れないようです。春は水芭蕉が見事らしい。
南ドブ湿原で出会った花たち。
No. 5 & 6
20060903172407.jpg 20060903172438.jpg

No. 7 & 8
20060903172514.jpg 20060903172534.jpg

No. 9 & 10
20060903172612.jpg 20060903172632.jpg



のどかなカヤの平牧場。
「この木なんの木 気になる木」の下でくつろぐ牛君たち。
20060903172749.jpg

  1. 2006/09/03(日) 17:05:43|
  2. 長野周辺の山々
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。