稜線の風を感じて

美ヶ原(王ケ頭2034m, 王ケ鼻2008m)、茶臼山(2006m)

20061008212846b.jpg
2006.10.8


美ヶ原(王ケ頭2034m, 王ケ鼻2008m)、茶臼山(2006m)
コース:山本小屋ふる里館P~山本小屋~茶臼山~王ケ頭~王ケ鼻~P

下道をチンタラ走って武石村(現在は上田市)経由で美ヶ原 山本小屋ふる里館の駐車場へ。
約2時間かかって8時少し前に到着。
駐車場はすでに半分以上が県外のクルマで埋まっている。ここの標高は既に何と1950m。


美ヶ原高原パノラマコースを歩き始めます。まっ平らです。そりゃそうでしょう、クルマで楽して登ってきたんだから。
でも風が強いし、寒い。レインウェアを着てスタートです。
20061008212500.jpg



のどかですね。虹もかかっていますよ。
20061008212556.jpg



あっという間に「美しの塔」。キリが多いらしく、ここの鐘を鳴らして登山者を誘導していたとか。
20061008212701.jpg



「塩くれ場」を経由して茶臼山(2006m)を目指します。
紅葉の有名スポットではないので、絶景とまではいきませんが、まずまずキレイですね。
山頂の手前で少し登りがある程度で、基本的には平坦コース。
20061008212802.jpg



茶臼山山頂です。標高2006mであることから、地元の観光協会が「2006年に2006mの茶臼山に記念登山をしよう!」というイベントをやっているようです。山頂標識を入れた記念写真を送ると
素敵なプレゼントがもらえるんだって(10月末まで)。
雲さえなければ抜群の展望台なのですが、アルプスも八ケ岳も雲の中です(残念!)。
なので写真無し。
20061008212846.jpg



茶臼山を後にして、王ケ頭(おうがとう)、王ケ鼻(おうがはな)を目指します。
20061008212925.jpg



美ヶ原高原パノラマコースに戻り、再びまっ平らの道を進みます。
20061008213006.jpg



王ケ頭(おうがとう)のテレビ中継塔と王ケ頭ホテル。長野の全テレビ局の中継塔があります。
20061008213058.jpg



王ケ頭(2034m)に到着です。ここの展望は今一つなので先っちょの王ケ鼻に進みます。
20061008213146.jpg



王ケ鼻(2008m)に到着です。たくさんの人がいますね。
20061008213312.jpg



王ケ鼻からの展望です。残念ながら蝶ケ岳・常念岳ぐらいは見えますが、槍穂は雲で見えません。
常念岳は白っぽく見えるので雪が積もっているみたいですね。
昨日、今日と北アは大荒れで、秋山のつもりで登った人たちが突然の冬山に遭遇し遭難が起きています。
この時期の北アは天候が崩れれば冬山の覚悟と装備が必要ですね。
白馬岳周辺は20cm~30cmの積雪とか。
もし、私も3連休でカラダの問題がなかったら同じようなところに、秋山の感覚で行っていたはず。山を甘く見てはいけませんね。

20061008213356.jpg



おっ!富士山が顔を出してくれました(3倍ズームで撮ってトリミングしています)
20061008213436.jpg



王ケ鼻付近の紅葉
20061008213520.jpg



さあ、戻りましょう。八ケ岳は相変わらず雲の中ですね。
20061008213622.jpg



再び、まっ平らのパノラマコースを通って駐車場に戻ります。
雲が増えてきました。
20061008213707.jpg



歩行距離:15K、約4時間の雲上まったり散歩でした。

申し訳ないですね。
ハプニングでここに来ることになって、しかもこんなに楽して、日本百名山一座ゲットでやんす。
これで28座目です。
登る山ではなく展望の山として百名山に選ばれているようなので許してね。
山のぼら~のみなさんはちゃんと下から登りましょうね!
  1. 2006/10/08(日) 20:50:00|
  2. 長野周辺の山々