稜線の風を感じて

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

紅葉山歩きin八方尾根

八方(20061015)075b

2006.10.15

今日も好天、昨日のまったりウォーキングに続いて白馬に行ってきました。
目的は八方尾根の紅葉。紅葉で八方に来るのは初めてです。ワクワク!

目標は八方池山荘(1840m)までゴンドラ・リフトで上がり、ここから
丸山ケルン(2420m)まで! 最悪でも八方池(2086m)まで!

八方池までなら、登山靴履いていない一般観光客も大勢いるハイキングコースみたいなもん。
八方池から丸山ケルンまでは、一応登山コースなので、一般観光客はたぶんいないでしょう。

山のぼら~なら「これぐらいチョロイもんよ」ということでしょうが、今の私はこれでもやや不安。
カラダと相談しながら歩いてきました。
さて結果は?

ほぼ一週間前、上の方はかなり雪が積もったということで、今回は8本アイゼン持参です。
靴も冬山用(アイゼンはこの靴に合わせて調整しているということもあって)。
たぶん使うことはないと思うけど、一応念のためです。 
こういう行動、やっぱ私は典型的なA型かな?

クルマはゴンドラ乗り場付近の駐車場代1日500円を節約するため、少し離れた無料の第三駐車場に置いた。
ゴンドラ乗り場まで約10分。

当初、ゴンドラ代を浮かせるため、黒菱までクルマでアプローチする予定でしたが、黒菱第三リフトの営業は先週で終わっており、
今回はゴンドラ+リフト2本で八方池山荘まで楽チンアプローチ。
リフト営業終了を知らずに来た人たち、ゲレンデを歩いていました。
ゴンドラはこの時期8時運転開始。


楽チン代は往復で2600円。
ザックが10Kを越えると追加料金発生ですが、今回は9KだったのでOK。
体重が重い人は追加料金がないのに、荷物が10K越えると追加料金発生というのも納得いかん
けどな。


1本目のリフト アルペンクワッド下り場からの白馬三山。期待できそうですね。
20061015213908.jpg



2本目のグラートクワッドリフトを降りたところが八方池山荘。到着時点ではキレイに見えていたのに、トイレ行っている間にこのガス。
山の天気はこんなもんでしょう。
20061015214010.jpg



一般観光客に混じって、エッチラオッチラ歩いて八方池(2086m)までやってきました。
ちょっとガス出ていますね。さて、池からの白馬三山の展望はどうでしょう?
20061015214115.jpg



八方池からの白馬三山の展望。ガスはあるが、まずまずかな?
20061015214201.jpg



ガスが晴れるまで待とうと言っている一般観光客がいますが、一応、私は山のぼら~、ガスが晴れるのを待つわけにはいきません。 
ここまで比較的快調に登ってきたので、この先の丸山ケルン(2420m)に向けてさらに登ることにしました
水分をかなり意識して多めにとって、かなりのスロースピードですが。


紅葉のポイントその1、下ノ樺(しものかんば)付近(たぶん)。
20061015214323.jpg



目指す丸山ケルンが見えてきました。まだまだ遠いのお!斜面の紅葉キレイですね。
20061015214431.jpg



五竜岳と鹿島槍。こんな展望があったんですね。 前回このルートを通った時は天気が悪く何も見えませんでした。
20061015214518.jpg



紅葉のポイントその2、上ノ樺(うえのかんば)付近(たぶん)
上の五竜・鹿島槍が見える当たりが上ノ樺かもしれません。
20061015214604.jpg



ついに1週間前に積もった雪が出てきました。
扇雪渓を越えたあたりから徐々に雪が増え始めました。
写真は、丸山ケルン手前の写真ですが、多いところで40cm程度あります。
でもやわらかい雪なのでアイゼンを付ける程ではありませんでした。 まだ、10月中旬だというのに、雪山歩きができるとは少し感激。
20061015214725.jpg



10月中旬でこの展望。五竜と鹿島槍です。まるで春の残雪期のような景色ですね!
春の写真ですと言っても、疑う人はいないでしょう。
20061015214822.jpg



丸山ケルン(2420m)に到着です。何とか登って来れました。
途中、オバチャンに抜かれたりしましたが。
丸山ケルンから不帰ノ瞼(かえらずのけん)の展望。
20061015215920.jpg



丸山ケルンから白馬三山の展望。白馬岳の下に少しだけガスがかかっています。
まあ、いい方でしょう!
20061015220021.jpg




ここから上は今日はありません。
この上を目指した方と話が出来ましたが、やっぱり雪が多く、途中で引き返した人ばかりでした。
ちょっと危ないポイントもあるし、引き返して正解でしょう。

丸山ケルンで白馬三山と五竜・鹿島槍を眺めながらまったりしたことだし、下山するとしますか!


再び八方池からの白馬三山の展望。
白馬三山方面は相変わらずガスですが、天狗尾根、天狗の大下り当りはキレイに湖面に写っていますね。登りの時よりはるかにましですね。
しかし、天狗の大下り、下りに使っても、も登りにつかっても激坂で嫌なコースですね。
白馬岳方面から来たらこの下りで膝を酷使し、次に待っているのがキレット? 
ああ、やだやだ、でもいつか行かなければならない)。
20061015220254.jpg



下山時の2本目のリフトの乗り場付近からの白馬三山。
やっと3つの山がキレイに見えました。今から下山という時になって。手前の紅葉もキレイ!
20061015220338.jpg



叱られそうですが、一応今回は登山になってしまいました。
本格的な登山はほぼ4ヶ月ぶり?(戸隠の五十間長屋、雁田山でちょこっと登山はありましたが)。
でも、水分はたっぷり2Lは取ったし、ゆっくり歩いたので問題はないと認識していますよ。


  1. 2006/10/15(日) 21:48:41|
  2. 北アルプス後立山連峰
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。