稜線の風を感じて

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

久しぶりの山歩き、足が重かった 飯綱山(1917m)

飯綱山(20061028)019b駒つなぎの場

2006.10.28
天気:曇り、のち晴れ(快晴)
標高差700mの飯綱山を山歩き復活第一弾

行き先:飯綱山(1917m)
ルート:南登山道登山口~駒つなぎの場~南峰1909m~山頂1917m(往復)
天気:曇り、のち晴れ(快晴)


家を出たころには厚い雲に覆われていたが、登山口に着いたら晴れ間が。
久しぶりに登る長野市民の山 飯綱山の南峰が見えています。この当り(標高1200m)も紅葉は
ピークを過ぎていますね。
クルマは5台ぐらいでしょうか。意外に少ないですね。
20061028213444.jpg



登山口。いい感じですね。
これまで多少フライング的な山歩きはあったものの、本格的(というほどの山ではないが、
私にとっては一応本格的)な山歩きは6月24日の登山道整備の飯綱山以来です。

ああ、気持いい!(足はちょっと重いけどね)

20061028213558.jpg



最初の水分補給ポイント「駒つなぎの場」付近の紅葉。キレイですね。
足が重く結構時間がかかったが、ゆっくりでもいいから歩ける幸せを体感しています。
この先、少し急登です。
20061028213657.jpg



エッチラ、オッチラ歩いて展望があるところまで登ってきました。
結構雲がありますね。北アの槍穂高方面、手前の雲が邪魔ですね。早くどかんかい。
今日の予報は快晴なんだからさ。
20061028213911.jpg



飯綱山の南峰が迫ってきました。でも足が重く中々近づきません。
やっぱ、体力落ちてるんかな?
いや違う、今日はお湯1L+水2L担いでいるからやと言い聞かせる。
これに加え、私の自重が増えたのも影響しているかも。
20061028214221.jpg



少し登って振り返ると、ついに槍穂が顔を出してくれました。
来年はあの当りテント担いで歩きまっせ!(一応、予定ね)
南岳小屋にテント張りたい(新穂高から入山かな?)
20061028214401.jpg



久しぶりの飯綱山1917mだ。人は5~6人。今日の好天の割りには少ないですね。
ただこの時期、風があるとやっぱ寒いですね。
20061028214501.jpg



槍穂は顔を出してくれたけど、白馬三山方面はガスですね。
20061028214550.jpg



ガスが取れるまで、パン食べて、珈琲飲んで(2杯も)まったりタイムに突入。
飯綱山は長野市民の山ですが、天気が良ければ展望はぴか一です。
360度の大展望ですよ。
そうこうしている内に、白馬三山が顔を出しました。 
左から白馬鑓ヶ岳2903m、杓子岳2812m、白馬岳2932mですね。
この当りも来年、テント担いで行きたいな(雪倉岳、朝日岳方面もね)。
20061028214702.jpg



ところで、話はそれますが、白馬の読み方は紛らわしいですね。
山のぼら~ならご存知でしょうが。最初私も混乱しました。
白馬岳=しろうまだけ、白馬三山=しろうまさんざん、白馬山荘=はくばさんそう、
白馬村=はくばむら。山の名前は「しろうま」、山荘と村・駅は「はくば」。
これで合っているはず。


左から鹿島槍ケ岳2889m、五竜岳2814、唐松岳2696ですね。鹿島槍は双耳峰ですが、
飯綱山からは重なって1つしか見えません。 
この当りにも来年テント担いでいくよ! ああ、行きたいところだらけだ。
20061028214811.jpg


うっすらと見えるだけですが八ケ岳です。雪が積もる前に今年中に八ケ岳のどこかに行きたいな。
天気が良ければ右側に富士山も見えますが今日は見ませんでした。
なので、トリミングで八ケ岳のみをカット。
20061028214901.jpg



目の前には戸隠連峰と高妻山(右)。
戸隠村の最高峰だった高妻山2353mは今は長野市の最高峰です(合併したので)。
20061028215036.jpg



少し北に目をやると手前に黒姫山、奥に妙高山2454m(右)と火打山2462m。
約1週間前、ここで悲喜交々のドラマがありました。
同じ日でありながら、偶然にも絶景に恵まれた人、恵まれなかった人がいました。
山の天気は刻々と変わるから仕方ないとはいえ、絶景に恵まれなかった方たち、次回は絶景
が待ってますよ!(無責任なこと言ってすみません)
20061028215236.jpg



可愛いワンちゃんも飯綱山に登ってきていました。柴犬のオスです。
山頂で記念写真を撮っているのを横から見ていましたが、このワンちゃん、ちゃんとカメラ視線
になるんですね。
下山が途中まで一緒だったので、心でこっち向いてと言ったら、顔を少しだけ向けてくれた
ので激写。「いつもの散歩コースもいいけど、たまにはこういうところにも連れてきてほしいワン」
と言っているみたい。
20061028215437.jpg



来年テント担いで行く予定の山々を眺める山旅だったような今回の山歩きでした。
意外に足が重く軽快には歩けませんでした。まあ、これまでウォーキング主体だったからね。
少しずつ、スクワッドして鍛えます。

  1. 2006/10/28(土) 22:30:45|
  2. 長野周辺の山々
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。