稜線の風を感じて

寒波から逃げるかのように独鈷山(1266m)へ

2006.11.12(日)
天気:晴れ(雲やや多め)

自然にはかないません。寒波襲来で予定を変更し、独鈷山(とっこさん)へ行ってきました。
独鈷山は信州百名山の一つです。

登山口近くの中善寺から見た希望峰。写真の奥の岩峰が希望峰。
20061112220048.jpg
こんな所、私には無理無理。今日は一般ルートを行きます。


当初の予定では、長野北部の鍋倉山に行き、ブナの巨木に会うつもりだった。
しかし、今朝の天気をチェックすると、鍋倉山方面は平地でも雪。
確かにこの方面を見ると、いかにも雪が降ってそうな黒い雲に覆われていた。

やまおんなサンとの電話会議で2~3分悩んで、行き先を変更。
長野中部は晴れの予報だったので、水の塔山(みずのとうやま)2202m、高峰山2106m
当りに行き先を変更して、出発。 ここは初めての場所なので少しワクワク。

途中、地蔵峠で結構な雪降りとなったものの、こちらは先週スタッドレスタイヤに変えたばかりなので、少々の雪ではビビりませんヨ。
まあ、でも積もる程の雪じゃなかったけどね。

で、地蔵峠から上田市に下りると何と晴れじゃん。
さすが、長野北部は雪でも中部は晴れかと感心ししつつ、今日の予定の山の方向を見ると完全に雪雲の中。
あちゃ、こりゃダメだと再び行き先変更。
上田市の近くで、寒波の影響を受けずに登れそうな山といえば? そう、独鈷山だったんですね。


ルート:登山口(西前山集落)~山頂~登山口(西前山コース)

独鈷山は4つの一般登山道がありますが、今日は西前山コースで往復します。

登山口。ここにくるのは2年ぶりかな?
20061113205331.jpg


このルートしょっぱなから結構な急登です。
不動滝でちょいと一服。ここまでは登山口から10分程度。
オイオイ、いきなり休憩かよ!って言わないでね。 
この先も急登が続くのでゆっくり行かないとね。滝の水量は少ないですね。
20061113205414.jpg


えっちらおっちらマイペースで登ってきました。カラマツの落ち葉の絨毯ロードです。
ここだけ見ると穏やかな登山道のようですが、ここから先、再び急登です。しかも落ち葉でいっぱいの登山道は危険もいっぱい。もともと滑りやすいコースに落ち葉が追い討ちをかけ、すべること
数回。下りが嫌な感じ。
20061113205636.jpg


尾根に出る部分でロープが少しあります。
20061113205814.jpg


ロープエリアを進む
20061113205912.jpg


奇峰「だるま岩」付近から。里山も紅葉真っ盛り!
20061113210229.jpg


やっと山頂が見えて来ました
20061113210354.jpg


各登山道の出会いになっている場所を登りつめれば山頂
20061113210526.jpg


山頂です。寒いです。
貴重な晴れのエリアではあったけれど、上空には寒気が来ているんですね。
持参した1Lのポットのお湯は、コーヒー、ココア、スープであっという間になくなりました。
20061113211637.jpg


予定していた水の塔山、高峰山方面を見ると、雪雲にしっかりと覆われていますね。
20061113211720.jpg


南に目を向けると、高い山はこちらも雪雲が一杯。美ヶ原(たぶん)の山頂付近も真っ白。
今回は予定を変えて大正解でしたね。今日は、独鈷山周辺だけが貴重な晴れエリアでした。
20061113211806.jpg


山頂では1時間弱まったり。ちょっと寒かったけどね。
下山です。落ち葉いっぱいの急な下り。滑らないように注意しながらね。
20061113211934.jpg

  1. 2006/11/12(日) 22:14:17|
  2. 長野周辺の山々