稜線の風を感じて

富士だよ、といっても高井富士(高社山)1351mだけどね

20061119111815b.jpg

2006.11.18

ほぼ毎年この時期に登っている高社山(こうしゃさん)へ。
長野北部は18日(土)が晴れ、19日(日)は崩れるとの予報だったので、18日に決行。

高社山は「たかやしろやま」と読む説もありますが、通常は「こうしゃさん」みたいですね。
別名「高井富士」とも呼ばれているようです。

ルート:谷厳寺P(こくごんじ)~尾根広場~山頂~尾根広場~(下山近道コース)~谷厳寺P


駐車場(といっても谷厳寺の墓地入り口の空きスペース)から山頂付近を眺めると
あれ、完全にガスじゃん。今日は晴れじゃなかったの?
20061119110940.jpg


登り始めでトラブルあり。「ここは私有地だ、登山道じゃないぞ」とお寺の関係者らしき人に
怒られる。 お寺の中の紅葉を見たいと思って、ほんの数十メートル通ろうとしただけなん
ですけどね。少し遠回りになるけど、引き返し、お寺を通らないルートで登山道へ。


天気予報を信じて登りましょう。しばらくこんな感じのすばらしい道が続きます。
20061119111039.jpg



まだまだ紅葉もキレイでした!
20061119111120.jpg



最初の休憩ポイント(尾根までの中間点)まで来ても、山頂方面はガス
20061119111204.jpg



尾根まで上がって来ました。山頂方面は相変わらずガスだよ。
先週、独鈷山でいい思いさせてもらったけど、今日はダメかな? 
ここから先は稜線歩きですが、結構アップダウンがあります。 
冬は大きな雪庇があって危険なところ。
20061119111406.jpg



アップダウンで苦労しながら山頂を目指すと、何か白いものが。
昨日(もっと前?)に降った雪が霧氷になっているようですね。
こんな景色に会えるとは全くの予想外。
20061119111512.jpg



霧氷エリアに来ると、霧氷が解けて雨のように降ってくる。
20061119111558.jpg



最後の急登り。ロープあります、昔は直登でしたが、今はジグザグ道が付けられたので少し楽。
20061119111644.jpg



やっとやぐらのある山頂が見えて来ました。もうちょいだ!
20061119111727.jpg



お疲れ、やっと山頂です。
標高は1351mとそんなに高くはありませんが、登山口の標高が低いので標高差は900mぐらい
はあるのかな? 
里山にしては結構登り甲斐のある山です。登山口から山頂まで2時間10分。
登り始めにあったガスはなくなり、展望もまずまずでした。良かった良かった!
20061119111815.jpg



山頂からの展望。まずは北志賀高原と志賀高原(一の瀬ファミリースキー場方面)(右奥)
志賀高原 熊の湯スキー場は18日(土)から一部コースが滑走可能ですよ(天然雪+人工雪
だと思いますが)。
20061119111904.jpg



こちらは鍋倉山方面。この秋行く計画でしたが、ちょっともう無理かな?
20061119111951.jpg


山頂は少し寒かったけど、風がまったくなかったので、またしても1時間もマッタリ


覗き込んでいる景色はこんな感じ。すごい高度感というか怖えー!
20061119112150.jpg



尾根の広場まで下りて来ましたが、いままでなんとなく避けていた下山ルート
赤岩口 下山近道」を行きます。もちろん近道に期待してね。
20061119112229.jpg



ジグザク道を降りて、このあと林道を歩きます。
林道を少し歩いたところで、山頂方面を振り返ると、この紅葉
20061119112310.jpg


この近道の下山ルート、本当に近道かい? 
林道歩きが長いので道を間違えたんじゃないかと思いましたが、家に帰りガイド本で確認すると間違いなし。
でも、足が遅い私でも、登りが2時間10分で、このルートを使った下りが2時間25分じゃ、とても近道とは言えませんね。素直に登ってきた道を降りた方が早かったよ。長い林道歩きもないし。
ここを下山に使うことはもう二度とないでしょう!

  1. 2006/11/18(土) 22:13:19|
  2. 長野周辺の山々