稜線の風を感じて

今年最後の山は雁田山(プチ八ケ岳)でスノーシューの予定だったが・・・

20061230214748b.jpg

2006.12.30(土)
雁田山(786m)

昨日12月29日(金)に今年最強の寒波襲来とかで少し雪が降った。
予報では市内も25cm程度の積雪だったが、結局我が家周辺で5cm程度。
まあ、でも山には結構降ったじゃないかと思い、スノーシュー持参で近くの里山 雁田山へ。
この山、プチ八ケ岳と呼ばれているらしい。
この山をプチ八ケ岳と見る感性、私にはありませんでした。
確かにそう言われて、少し離れてこの山を眺めれば雰囲気は確かにプチ八ケ岳。

ルート:岩松院登山口~千僧坊~すべり山~すべり山登山口~岩松院(周回)
天気:晴れ、やや風強し
登り始めはなんと11時過ぎ。近くの里山だから許される遅い時間。

昨日降ったはずの雪はどこだ?って感じですね。雪ありませんね。
もちろんスノーシューの出番全くなさそうなので車に置いて行きます。
岩松院(がんしょういん)登山口
20061230214635.jpg


少し登ると雪。でもこの程度。無いも同然。
でもこの時期の山は風がすごく気持ちいい!
20061230214713.jpg



稜線から善光寺平と北信五岳(ごがく)。五岳の内、かろうじて見えるのは飯綱山と黒姫山。
町にも全く雪ありませんね。昨日降った雪はあっという間に溶けたみたい。
この景色が真っ白になるぐらいじゃないと、里山でスノーシューは無理ってもんです。
20061230214748.jpg


下山途中
20061230214833.jpg


今回は残念ながらカモシカ君との出会いなし。
先行者が1人いたのと、こんな遅いスタートではカモシカ君との遭遇確率は下がりますね、たぶん。


一応、今年の山行きは今日で終わりです。
ちゃんとしたまとめは別記事でやるかもしれませんが。
いろいろとあった年でしたが、ウォーキングも含めて今年の山歩きは42回。
病気で夏山を棒に振った割りにはよく行ったほうかも。
  1. 2006/12/30(土) 21:51:59|
  2. 長野周辺の山々