稜線の風を感じて

今年最初の山は雪の飯綱山 2007年元旦

飯綱山(20070101)069

2007.1.1元旦
飯綱山(1917m)

山のぼら~の皆さん、山のぼら~じゃないけど来て
下さっている皆さん、あけましておめでとうございます。
 


2007年、皆さんも素晴らしい山旅ができますように!

元旦の本日、早速近くの飯綱山で絶景を見てきました。 
パフパフもしてきましたよ。今シーズン初のパフパフでした。

ルート:南登山道登山口~山頂〈往復〉 
雪は少なく冬山直登ルートではなく夏山ルートで往復


8時過ぎに市内を出発し登山口に到着すると駐車スペースはクルマで一杯。
元旦早々、こんなにクルマがあるなんて驚き。仕方なく近くに路駐。
20070101234553.jpg



さあ行きますか(9時過ぎ)。
この当たりで積雪10cm程度。少ないですね。
軽アイゼン、といっても8本爪ですが、装着して登山開始。
無くても大丈夫っぽいけど、安全の為。
20070101234634.jpg



途中早くも降りてくる人が続々と。ヘッデンつけてご来光登山した人たちみたいですね。
天気も良かったし素晴らしいご来光だったでしょうね。5時前に登り始めたらしい。
元旦早々気合入りまくりですね。私たちとは大違いだ。


駒つなぎの場までやってきました。雪が多いとここから夏山ルートではなく冬山の
直登ルートとなりますが、今回は雪が少なく、夏山ルートを歩きます。
20070101234934.jpg



暑いし、足は重いし、やっとのことで北アの絶景が見える稜線に出ました。
いいでしょう、この景色!何度見ても飽きませんね。
山頂からも見える景色だけど、この当たりの方が目の前にドーンと広がっていい感じ。
こういう時「疲れも吹っ飛びますよ」と言うんだろうけど、吹っ飛びませんね。 
まだまだ苦しい登りが続きますから。
左から鹿島槍ケ岳、五竜岳、唐松岳ですね。
写真にはありませんが、北ア南部(槍・穂高連峰)も富士山も見えましたよ。
20070101235025.jpg



こっちは白馬三山ですね。左から天狗尾根、白馬鑓ケ岳、杓子岳、白馬岳
20070101235113.jpg



南峰が見えてからが結構長いんだ。足が上がらない私
20070104153755.jpg



飯綱山南峰(1909m)直下の登り。今回はやたらに足が重く、ここも結構きつかった。
これぐらいできついと言っているようでは、テント装備を担いでの3000m峰が
思いやられるぞ。体力つけなければ。
20070101235236.jpg



南峰到着してシャリばて気味の私たちは少し早めの昼食。
風が結構強かったので、南峰にある飯綱神社奥宮をお借りして昼食。
大雪が降るとこの奥宮も雪の下ですが、今回はたまたま雪が少なく利用できました。



さあ、腹ごしらえも済んだことだし、山頂に向かいましょう!(目の前ですが)
この付近で積雪60~70cmといったところでしょうか。
20070102072321.jpg



山頂です。
20070102072403.jpg



昨シーズンはこれが完全に埋まるほどの雪(2m以上)がありましたが、暖冬といわれる
今年はこれが埋まることがあるのかな?
20070102072531.jpg



山頂からの展望
左から焼山、火打山、妙高山、妙高の手前が黒姫山
左奥の焼山は活火山でこれまで登山禁止でしたが、昨年の秋、解除になりました。
今年の新規開拓候補の一つです。
20070102072609.jpg



戸隠山高妻山。高妻、いつ見てもいい形ですね。
20070102072708.jpg



少し霞んでわかりづらいですが、根子岳四阿山、奥に浅間山
20070102072744.jpg



今回は雪少なめだったので不要とは思ったが一応持ってきたスノーシュー。
山頂付近は結構雪があったし、折角担いできたのでスノーシューで遊ぶことに。
今シーズン初のパフパフ。 
降雪直後なので結構沈みます。私が重いせい?
体重が重いからではありません。スノーシューとはこういうもんです!
20070102072825.jpg



童心に返ったかのように斜面をスノーシューで駆け下りていく。
まるでうさチャンの気分で、トレース無き斜面を歩きます。パフパフ三昧です、気持ちいい!
20070102072908.jpg



今朝の長野北部の天気は晴れのち曇りだったので、徐々に崩れるのかと思っていたら、
時間とともに快晴へ。見上げるとこんな青空(駒つなぎの場で)。
20070102072959.jpg



新年早々、素晴らしい天気で山歩きが出来ました。
今シーズン初のパフパフも出来たし。
ただ、冒頭で今年は頑張りますよと言ったものの、今の体力じゃテント装備で
3000m復活させるのは厳しいかも。基礎体力アップさせないと。
課題を再認識させられた山旅でもありました。






  1. 2007/01/01(月) 23:52:51|
  2. 長野周辺の山々