稜線の風を感じて

再び雁田山へ 今日の天気はどうかな?

20070128213755b.jpg
2007.1.28(日)
雁田山(かりたやま)(786m)(小布施町)

あんたも好きね!って言われそうですが、昨日に続いて今日も雁田山へ。
昨日1月27日(土)は午後の予定があったため、午前中でサクっと雁田山に登りました。
美味しい空気をいっぱい吸って気分爽快でした。展望はなかったけどね。

本日1月28日(日)は午前中都合が悪く、午後半日で再び雁田山へ。
この時期、半日で行動できる山ってここぐらいしかないので。

気合入れて行けば飯綱山(1917m)なら半日で行けないことはないけど、行き帰り
の移動時間がかかるのと、暖冬とは言え、雪があるので時間的にちょっとリスキーかな?

ルート:
岩松院登山口~小城~大城~千僧坊~すべり山~すべり山登山口~岩松院
昨日と全く一緒(逆も考えたけど)


いつもは雁田山からの写真ばかりですが、たまには雁田山がどんな風に見えるのか紹介
しておかないとね。
小布施ハイウェイオアシスからの本日の雁田山。
雁が羽を広げたように見えるので、雁田山と呼ばれているようです。
でも何となくプチ八ケ岳にも見えるでしょう?
20070128213709.jpg



昨日は天気に関してはサッパリでしたが、今日はまずまずの天気です。
登山口のある岩松院、青空も出ていますね。
20070128213755.jpg



稜線に出るまでは急登の連続です。無風でこの天気、結構暑くて途中でフリースも
脱ぎました。
この時期に、里山とは言え、土の上を歩けるなんて、暖冬を実感させられます。
稜線に出たら5cm程度の雪がありますが大したことありません。
20070128213855.jpg



少し行くとこんな感じですから。
20070128214025.jpg



休憩ポイントである東屋到着。ここで軽く食事して休憩。
20070128214205.jpg



昨日はガス(降雪)で白の世界でしたが、今日はまずまずの天気ですね。
遠望は効かないけど。
20070128214249.jpg



この先の稜線にも少し雪があります
20070128214335.jpg



下山中です。雪は無くても落ち葉ですべるので慎重に下ります。
20070128214442.jpg



下山途中にある岩の展望台。
今日はかすかに飯綱山が見えます(写真だと見えないかな?)
20070128214558.jpg



2日連続していっても飽きさせてくれない雁田山、実にいい山です。
が、この雁田山の南側には大規模な砕石場があります。
20070128214650.jpg

昔、神戸からスキーで長野に来たときに、この砕石場を頻繁に目にしていて、ひどい山
があるんだなと思っていましたが、まさか自分が長野に来て、この山に登るように
なるとは夢にも思っていませんでした。
大きくえぐられた無残な山肌ですね。雁田山も100年もすれば削られていって無くなって
しまうんじゃないかと心配になるぐらい。
でも、この砕石場で砕かれた石は上信越自動車道、北陸新幹線、オリンピック関連施設
の材料になっています。 長野周辺の需要の8割にはここの石が使われているとも
言われています。
この地域の暮らしを支えていた山だったんですね。なので、私達信州に住む者が文句
を言える立場にはありません。

ただ、山のぼら~としては、辛いものがあります。
幸い、長野県(土木部、林務部)は信州の豊かさに貢献してくれた場所を再び森に
しようということで、植樹を行っているようです。
ただ、植樹のペース(植樹したってすぐに森になるわけではありませんから)に対し砕石
のペースが速すぎるのが心配です。
今、自分に出来ることは、植樹の機会があれば参加すること、これぐらいしかない
ですね。

  1. 2007/01/28(日) 21:26:37|
  2. 長野周辺の山々