稜線の風を感じて

神秘的な里山歩きin松代 奇妙山(1100m)

20070325214438b.jpg
2007.3.25(日)
奇妙山(きみょうさん)
10時半過ぎ、やっと雨雲も去り、天気も回復の兆しが出てきたので、お初の里山へ。
本日、計画した山は長野市松代の「奇妙山(1100m)」。
3月11日、尼巌山に来たときに、目の前にドーンと見えていた山です。

ルート:岩沢登山口~西尾根出会い~奇妙山~西尾根出会い~岩沢登山口
天気:小雨・曇り(稜線上はガス&小雨)

岩沢の集落を登り詰めたところに2台ぐらい止められる登山者専用のPがあります。
そこから1分も歩くと、この登山口
20070325214246.jpg


まずは稜線目指して登ります。この辺りでは、暑くて、途中でレインウェア脱ぎました。
20070325214354.jpg


約30分で稜線に出ます。西尾根分岐
20070325214438.jpg


西尾根分岐の左側のルートは尼巌山方面(ここは次回の楽しみにとっておきましょう)
20070325214555.jpg


今日は西尾根分岐の右側の奇妙山方面に行きます
20070325214637.jpg


今日はもともと天気には期待せずに来ているので、こんなもんでしょう。こんな日に山
に来るなんて、私たちだけでしょうね。でも、こんな天気でも、家でゴロゴロするより
素晴らしいと思いますよ。ちょっぴり神秘的な山歩き。
20070325214857.jpg


途中、栗の大木があります。
稜線に出るとガス、小雨もパラパラ。しかも風も結構あって寒いよ。
20070325215009.jpg


さらに進むとこのルートのベストビューポイントの高見岩へ。残念ながらここから
どんな絶景が見えるのか確認できず。
20070325215125.jpg


少し稜線を進むと「もう目前、ガンバレ」とあり、よっしゃもうひと頑張りするかと
心の中で気合を入れる。
しかし、このあと30分ぐらいかかったんじゃないかな?
歩いても歩いても、なかなか山頂にたどり着けない奇妙な山と思わせるために、わざと
離れたところに「もう目前、ガンバレ」と標識を設置したんじゃないかと勘繰って
しまった(考えすぎ?)
20070325215242.jpg


やっと山頂到着。登山口から1時間40分ぐらいです。
山頂からの展望も少し開けているらしいのですが、今日は何も見えず。
20070325215421.jpg


軽く食事して、さっさと下山です。雨の後なので至るところ滑りやすいところだらけ。
コケないように注意しております。
20070325215531.jpg


約50分で山頂から登山口まで降りました。

今回は雨上がり直後に来たので、展望まったく無し。天気が良い日にリベンジですね。
この山からの展望がどれだけ素晴らしいか、この眼で見るまでは、まだ終わりに出来ません。

  1. 2007/03/25(日) 21:57:12|
  2. 長野周辺の山々