稜線の風を感じて

里山歩き(絶景付き)in霊仙寺山(1875m)

霊仙寺山(20070512)092b妙高~焼山

2007.5.12(土) れいせんじやま(信濃町・飯綱町)
(「りょうぜんじやま」が正しい読みと言う説もありますが、一般的には「れいせんじやま」

このルートで登るのは2002年年10月以来です。
山頂を踏むのは昨年6月にいいづなリゾートスキー場から登っているので、今回で3回目。
久しぶりに霊仙寺山に行ってみたい(縦走は無理だけど)と気持ちが高まり、今回行って来ました。 
登山道は中間当りから激坂になりますが、これを登ったら素晴らしいご褒美が待ってました。
ルート:P~五社権現~上村分岐~飯綱山分岐~霊仙寺山山頂(往復)(正面登山道)
天気:晴れ

登山口の駐車場
20070513032438.jpg



最初少しだけ林道歩き
20070513032517.jpg



五社権現 奥の院跡
20070513032601.jpg



ここから本格手的な登山道
20070513032643.jpg



前半は心地よい道 新緑はまだ全開とは行かないけど
20070513032844.jpg



いいづなリゾートスキー場からのルートと合流 ここから先かなりの急登。私が知る限り、
里山でこんな急登が続くコースは知りません。
尾根をジグザグではなくまっすぐ登る感じですから。
霊仙寺山は登山口940m~山頂1875mで標高差935mですもんね
因みに隣の飯綱山1200m~1917m標高差717mです。
道理できついわけですよ。
20070513032941.jpg



筍(根曲がり竹)
ちょっと時期的にはちと早いのかなあと思っていたら、いるんですね。
今回登山口当りまで下りてきたところで筍を目一杯いれたザックを背負った人をみかけ
ました。
20070513033020.jpg



急登が続きます
20070513033103.jpg



森林限界のような雰囲気のところまで来ました
20070513033149.jpg



誰が名付けたか「三角岩」
20070513033225.jpg



やっと展望エリアに到着 根子岳・四阿山(中央)と浅間山(右奥)
20070513033314.jpg



まだまだ急登が続きます
20070513033409.jpg



隣の飯綱山が見えてきました
20070513033444.jpg



飯綱山との分岐近く 北アの絶景が飛び込んできます。三度目で初めて眼にする景色!
白馬三山(中央から右)と唐松(左)
こんな絶景が見える山だったとは!大感激です。
20070513033533.jpg



山頂直下から見える北ア全景 後立山から槍穂まで丸見え
20070513033638.jpg



白馬~五竜アップ
20070513033722.jpg



唐松~爺アップ
20070513033803.jpg



やっと山頂!


GW後半に行ったばかりの燕岳と槍穂方面(写真クリックで拡大するよ)
20070513070037.jpg



妙高~火打~焼山(左から)
妙高には2005年に一度行っていますが、ガスで全く展望なしでした。
あそこからどんな景色が見えるのかこの目で確認しないことには終りにできませんね。
20070513033926.jpg



高妻~戸隠(左から)
高妻も2005年に登っているけど、この時も天気は今一つ。ここももう一度天気が
いい日に行かないと。
行きたいところがたくさんありすぎて体がいくらあっても足りませんね。
20070513034003.jpg



霊仙寺山、こんなに素晴らしい展望の山だったんですね。大発見です。
お隣の飯綱山があまりにもメジャーだから、地味な存在の山ですが、実にいい山です。
静けさと展望と自然を求めるなら、飯綱山じゃなくて霊仙寺山でしょう!


今回出迎えてくれたお花たち
20070513075001.jpg20070513075026.jpg
20070513075048.jpg20070513075107.jpg
20070513075132.jpg20070513075156.jpg
20070513075218.jpg20070513075241.jpg

  1. 2007/05/12(土) 23:55:54|
  2. 長野周辺の山々