稜線の風を感じて

高峰山(2106m)&水ノ塔山(2202m)・東篭ノ登山(2227m)・西篭ノ登山(2212m)縦走

2007.5.20(日) 
たかみねやま、みずのとやま、ひがしかごのとやま、にしかごのとやま

天気回復を信じ、お初の山に行ってきました。
車坂峠をはさんで黒斑山と反対側のこのエリア、ずっと気になっていましたが、やっと今回行くことが出来ました。

でも、残念ながら前半はガスでどこに登ろうとしているのかも分からない状態。
後半やっと青空が出てくれて、まずまずの山歩きでした。

でも前半は寒かった。この時期に2000mちょっとの山で霧氷に遭遇するとはね。
2000mちょっとでこれだから、5月19日の槍ケ岳山荘は吹雪だったというのも、うなずけますね。
20070520215810.jpg

ルート:
車坂峠~高峰山~高峰温泉~水ノ塔山~東篭ノ登山~西篭ノ登山~高峰温泉~車坂峠


またまた新規開拓の山ですよ。今年は今回で6つ目の新規開拓かな。
しかも、今回は稜線の縦走が出来そうなコース、楽しみですね。

家から下道を走ること1時間20分、車坂峠に到着。
私の大きな勘違いとナビ依存しすぎから、湯ノ丸経由となってしまい、湯ノ丸から
車坂峠(1973m)までオフロードの林道を走る羽目に。でも、この大きな勘違いで、林道
から富士山が見えたとき、ちょっと感激。
そのときの写真がこれ。何か天気が良くなる予感、予報もそうだったしね。
20070522193419.jpg


駐車場で車から降りたら第一声は「寒っ」でした。
車坂峠からまずは高峰山に登ります。
ここはハイキング気分で行く山のようですね。
20070522193500.jpg


途中からまたまた富士山が飛び込んできました。今後はキレイな三角です。
20070522193547.jpg


高峰山(2106m)の山頂
20070522193648.jpg


高峰山を後にして高峰温泉(標高2000mのランプの宿)まで下り、再び水ノ塔山に
向けて登ります。
天気回復傾向かと思ったら、一面ガス。ペンキマークに導かれて登りますが、どこが
水ノ塔山なのかさっぱりわかりません。
20070522193812.jpg


2000mちょいの山で5月も下旬になろうかとうこの時期に、なんと霧氷ですよ。
この日も風が強く寒かったけど、昨夜も気温が下がったようですね。
20070522193924.jpg

20070522193946.jpg


ガスの中を黙々と歩いて水ノ塔山(2202m)到着
ここから東篭ノ登山へは北側を少し巻くようにルートがあって残雪(氷)あり。
氷の上で滑り思いっきりコケました。
20070522194238.jpg


ここから先は待望の稜線歩きです。ここは赤ゾレという崩壊が激しい場所。
20070522194337.jpg


相変わらずのガスの中、東篭ノ登山に向かいます
20070522194415.jpg


東篭ノ登山(2227m)の山頂到着。広い山頂です。展望はガスで全く無し。
この先にあるはずの西篭ノ登山まで足を伸ばしてみます。この先にあるはずですが、
全く山らしきものは見えませんね。お先真っ暗、いや真っ白ですね。本当に山があるん
だろうかと疑いたくなるような景色。不気味ですらある感じ。
20070522194847.jpg


目標の山が見えないまま、いったん鞍部におりて登り返すと、西篭ノ登山(2212m)
20070522194935.jpg



西篭ノ登山でお昼。ここから再び稜線を縦走して車坂峠まで戻ります。
おっ、なんとなくガスが晴れる予感。西篭ノ登山付近から東篭ノ登山。
山頂付近の木々は霧氷になっています。
20070522195137.jpg


東篭ノ登山付近まで戻ってくると、やったー!ついに青空とご対面です。
20070522195211.jpg


歩いてきた水ノ塔山から東篭ノ登山の稜線、やっと目にすることが出来ました。
ここを歩いてきたんですね。
20070522195251.jpg


最初に登った高峰山も見えてきました(右側のピークが高峰山)
20070522195331.jpg


でも、黒斑山と奥の浅間山は相変わらずガスの中
20070522195405.jpg


東篭ノ登山から西篭ノ登山を振り返ります。こんな景色の山だったんですね。
20070522195448.jpg


ついに浅間山・前掛山(右側)も見えてきました。
前掛山にはたくさんの人が寒い中、登っているんだろうなと思いつつ、でも今日の天気
はこっちの方が良かったかなと少しニンマリ。
前掛山(自己責任で浅間山も)いずれ行かねば。
20070522195542.jpg


東篭ノ登山を後にして、水ノ塔山に戻ります。すっかりいい天気になりました。
20070522195621.jpg


水ノ塔山から東篭ノ登山(左)と西篭ノ登山(右奥)を振り返ります。
いい山ではないですか。
20070522195713.jpg


稜線歩きはここで終わり、高峰温泉経由で車坂峠に戻ります。
20070522195759.jpg


途中、水ノ塔山を振り返る(右側)
20070522195845.jpg



何とか後半は天気に恵まれてまずまずの山歩きが出来ました。前半のガスで、前回の
根子岳に続いて下山したら晴れなのか?と少し心配でしたが、何とか山歩きの後半
で天気が回復してくれました。
お初の山でしたが、水ノ塔山まで上がれば、あとは多少アップダウンはありますが、
稜線漫歩が出来て、実にいい山でしたね。



次の週末はお世話になっている山への感謝を行動で示す予定です。
  1. 2007/05/20(日) 21:56:58|
  2. 長野周辺の山々