稜線の風を感じて

梅雨入り前の稜線漫歩in岩菅山(2295m)

2007.6.2(土)
いわすげやま

次の週末、当地はどうも梅雨入りの雰囲気。
お山にいけない週末の可能性も高くなるということで、「しっかり歩いておこう この週末」の第1弾!
志賀高原の岩菅山を歩いてきました。
休憩時間を入れて約7時間半の行動タイム。内4時間は快適稜線漫歩。
距離は12K程度。
高天原マンモススキー場のリフトは使わずに、ゲレンデを登ったので、ここはちょっと辛かったかな?
20070602194732.jpg


ルート:高天原マンモススキー場P~東館山~寺子屋山~岩菅山(往復)
天気:くもり、時々晴れ

頑張って早起きして6時40分に高天原マンモススキー場を出発です。
当然この時間はリフトも動いていないので、ゲレンデを登ります。30分足らずですが、
このコースここが一番辛いかも。
しかもこの天気。岳人の山頂の天気予報だと今日は晴れなので、信じてエッチラオッチラ
登ります。
20070604210929.jpg



東館山の高山植物園まで来ると、水芭蕉がお出迎え。癒されます。時期的にはまだ早い
ようで、植物園の花はほとんど咲いていません(開園は7月1日からみたいです)。
20070604211037.jpg



東館山から寺子屋山スキー場を通り稜線へ。
寺子屋山スキー場のトップから稜線までに10分程度階段を歩くことになりますが、ここさえ
我慢すれば快適稜線漫歩のスタートポイント寺子屋山(2126m)へ。
寺子屋山から先、少し残雪がありますが、夏道が確認できるので問題ありません。
20070604211431.jpg



寺子屋山の山頂から20分も歩けば本日の目標の山が前方に見えます。
ここから見ると双耳峰ですね。右が岩菅山(2295m)で、左が志賀高原で一番高い裏岩菅山(2341m)
20070604211758.jpg



寺子屋山から40分地点。この当りまで来ると、裏岩菅山は隠れて岩菅山の独立峰ですね。
20070604211851.jpg



素晴らしい稜線の縦走コースが続きます。寺子屋山から約1時間地点。
20070604212004.jpg



かなり近づいて来ました。寺子屋山から1時間半地点。
20070604212042.jpg



ノッキリ到着。寺小屋山から1時間40分地点。遮るものがなにもない稜線コースなので、
かんかん照りの時は辛いかも。
20070604212203.jpg



ここまで来れば、山頂までの標高差200mの最後の登り。
20070604212313.jpg



緑のトンネルを抜けると
20070604212406.jpg



山頂です。
高天原のPから約3時間半(ノッキリまで3時間、ノッキリから山頂まで30分)。
360度の大展望と行きたいところですが、お隣の焼額山方面は木がジャマして展望無し。
これを除けば北ア、北信五岳、苗場山、根子・四阿山、富士山までも見えるはずなん
ですが・・・・・ 
今日の天気だと近くの山しか見えません。
20070604212533.jpg



山頂の板状節理から苗場山方面を眺めるの図
ちょっと話はそれます。そんなに太っているようには見えないかもしれませんが、少し
前の健康診断で何と体重が3Kも増えていました。おいおい、毎週山に登ってんのに
どういうこっちゃって感じですが、やっぱり有酸素運動だけじゃ脂肪は燃えないみたい
ですね。筋トレしなくっちゃ(特に腹筋)。分かっちゃいるけど出来ない。
20070604212753.jpg



志賀高原で一番高い裏岩菅山(2341m)。時間と気力があれば行きたいところですが、明日
も山行予定なので、ここは無理せずに、眺めるだけにします。
でも、ここも素晴らしい縦走コースですよ。 写真を見れば、まるで北アの三国境から
雪倉岳・朝日岳の雰囲気ないですか?(チョイ無理があるかな?)。
ただ条件が悪い時は泥泥ルートになります。往復で1時間20分程度だったかな?
20070604212921.jpg


ちなみに、こちらが三国境から雪倉岳・朝日岳(やっぱり比べるにはチト無理ある?)
20070604215737.jpg



山頂で1時間ちょっとマッタリ
さあ同じ稜線コースで戻ります。
ぐるりっぷで戻るコース(聖平~一の瀬ファミリースキー場)もありますが、稜線コース
を戻る方が楽しいので。
20070604213029.jpg



こんな雪山も越えて戻りますよ(笑)
20070604213235.jpg


寺小屋山と岩菅山の往復約4時間の稜線コース、少しアップダウンがあり変化があって、
素晴らしいコースです。1年に一回は行きたいところです。
下山後は、無料の長寿の湯へ。明日の山に備えて疲れを取りました。



最後に今回の山歩きで出会った花たち
花の季節はもう少し先だろうと思っていましたが、まずまずの成果かな?
左:ナエバキスミレ  右:?
20070604214351.jpg20070604214419.jpg

左:ショウジョウバカマ  右:イワナシ
20070604214452.jpg20070604214518.jpg

左:フキノトウ  右:ミズバショウ
20070604214547.jpg20070604214612.jpg

左:リュウキンカ
20070604214642.jpg

  1. 2007/06/02(土) 19:56:39|
  2. 長野周辺の山々