稜線の風を感じて

槍穂を眺めながらの稜線散歩in蝶ケ岳(2677m)

蝶ケ岳(2071013)175b

2007.10.13(土)~10.14(日)
1泊2日テント泊(テント泊は今年11泊目)

涸沢・北穂に先週行ったばかりですが、今週は少し離れたところから、槍穂を眺めて見ようということで、蝶ケ岳に行って来ました。
過去の記録を見ると蝶ケ岳は今回で何と13回目でした。
蝶ケ岳は何度行っても素晴らしい山です。私の山のぼら~人生はここからスタート。

今回は安曇野市の三股からの往復で、コースタイム的には日帰り圏内ですが、テントを背負って1泊2日で行ってきました。
泊まらないと目に出来ない景色がありますから。
蝶ケ岳でのテント泊は今回が初めて。北海道では雪の降るような天気、北アも風が強いのではないかと少し心配でしたが・・・
20071014221435.jpg


1日目 2007.10.13(土)
天気:曇りのち晴れ
ルート:三股P~蝶ケ岳


当初、三股P~前常念~常念岳~蝶ケ岳~三股Pのぐるりっぷを予定していましたが、
三股Pから前常念のルートをサクッと調べると
「二度と行きたくないルート」とか
「前常念の岩場通過が危ない」といったネガティブな情報ばかりで、とても
テント泊装備を背負って
行くには無理と判断して、今回は三股からの蝶ケ岳往復としました。 
約10年前に蝶から常念に歩いて常念岳のピークに立っていますが、この時は雨。
いつかはリベンジと思いながら、今回そのチャンスだったんですが、もう一度日程&
ルート見直しですね。


三股Pを少し遅めに出発。 出発時、周囲はガスガスで何も見えません。
でも、登れば必ずガスの上に出て晴れているはずだと言い聞かせて登ります。

途中かなり省略

高度を上げると、はやり雲の上に出たようですよ。お隣の常念岳がガスの上に
ちょこっと出ていました。今回も期待できそうです。
20071015205122.jpg


蝶ケ岳と大滝山の分岐。蝶ケ岳は目前です。いい感じですね。
20071015205228.jpg


ラストのハイマツ帯を登って稜線に出ると
20071015205303.jpg


テント泊装備を背負って登ってきたご褒美が待っていました。槍穂の大絶景ですよ。
感動の対面です。ここ何年か、蝶ケ岳での天気に恵まれていますね。
20071015205351.jpg


とりあえず、今宵の宿を先に建てます。もちろん今回はテント泊受付第一号ですよ。
(結局今日はテント5張りでした。先週の400張りの涸沢と大違い)


我が家も建てたし、待望の稜線散歩に出発します
20071015205652.jpg


先週歩いた涸沢、屏風の耳、北穂、北穂から涸沢岳の小キレット、穂高岳山荘から
の下りのザイテングラードも丸見えです。 
ふむふむ、1週間前はあそこを歩いたのか、すごい混雑だったな、今日の涸沢も
激混みか?といったことを考えながら眺めます。ナナカマドの赤も鮮やかになって
いる感じですね。
20071015205824.jpg


常念、大天井方面に稜線散歩です。
20071015205943.jpg


槍・南岳の絶景 今年は槍を眺め気持ちを高める年 来年は4年ぶりに穂先に立つぞ!
20071015210025.jpg


穂高連峰
20071015210117.jpg


大天井から槍への道 ここを歩く時がくるだろうか?
20071015210151.jpg


常念岳・大天井岳 
20071015210230.jpg


約2時間の稜線散歩も終りです。我が家に戻りましょう
20071015210307.jpg


今回は土居珈琲の豆を挽いて持ってきたので、槍穂を眺めながらの珈琲タイムへ。
至福のひと時。
テン場は比較的風の影響のない場所を選べたので、まず大丈夫でしょう。何たって、
本日私はテン場受付第一号ですから。




2日目 2007.10.14(日)
天気:曇り
ルート:蝶ケ岳~三股P


昨夜、テント内の最低温度は0℃だったので、もしからしたら、槍穂の3000m付近
には雪が積もり、今までにみたことのない見事な絶景が広がっているかも?と期待して
起きましたが、残念でした。そんな天気にはならなかったようです。
風の影響もなく穏やかな夜でした。周囲のノイズも無かったし(笑)。
(追記:14日の深夜北アで初雪だった模様。白馬岳で3cmの積雪だったとか)

蝶ケ岳にも朝が来ましたが、雲が多く、太陽の光が雲にさえぎられてパワーダウンだ。
ご来光もこの通り。いまひとつでした。
20071015210706.jpg


ご来光がいまひとつということは、槍穂のモルゲンロートもいまひとつなわけでして、
少し残念でした。
それでも、雲の切れ目から少しだけ太陽が照らしてくれるんじゃないかとしばらく
待つと一瞬ですが、陽が当たりました。今回はこれでいっぱいいっぱいでした。
20071015210818.jpg


穂高連峰のアップ
20071015210859.jpg


槍のアップ
20071015210954.jpg


蝶ケ岳の稜線で、2時間程まったり。これ以上待っても、雲が多く、期待は出来ない
だろうと判断し、早めの下山としました。
ガスガスの下界に下ります。
20071015211047.jpg


しばらくは紅葉ロードを進みます
20071015211125.jpg


ほぼ登山口近くまで下りてきました。
烏川に架かるつり橋からの景色。下界の紅葉も始まったようですね。
20071015211202.jpg


2日目の朝はいまひとつでしたが、1日目は期待を裏切らない素晴らしい天気でした。
常念はまたいつか行かなきゃ。
今年のテント泊は今回で11泊目。ということは、素泊りとテント泊の差額を5,000円
とすると、55,000円節約できたことになりますね。
早く下山したし、こんな計算しちゃったし、ちょっとだけ寄り道して、ワッショイ
しちゃいました。次の山でこれを試します。

  1. 2007/10/14(日) 22:30:21|
  2. 北アルプス南部