稜線の風を感じて

日帰り縦走1日目 岩菅山(2295m)

岩菅山(20071103)054b

2007.11.3(土)
今週は珍しく土日がピンポイントで晴れの天気。月曜からは雨の予報。
木曜から金曜にかけての寒波は、山で雪を降らすほどのものではなかったので、北アもまだOKか?と思ったが、
ガソリンはさらに値上がりし、燃費の悪い車に乗っている私にはダブルパンチ。 もうたまりません!

ということで、近くの山で日帰り縦走2連チャンしてきました。
1日目は志賀高原の岩菅山(いわすげやま)
年によっては、11月初めで結構雪が積もっていることもある山ですが、雪は全くなく
晩秋~初冬のさわやかな山旅となりました。

年によってはこの時期にこんなに雪になることもあるんですが
(下の写真は2001年11月4日の岩菅山の山頂)
20071104165206.jpg


ルート
高天原P~東館山~寺子屋山~のっきり~岩菅山~のっきり~聖平口~高天原P


家から約40Kの志賀高原 高天原マンモススキー場のPへ
午前7時30分頃、嫌なゲレンデ登りからスタートです。あれっ?天気は晴れのはずが、
雲が多いじゃん。
まあ、予報を信じて行くしかないですね。
20071104165629.jpg


今朝はかなり冷え込んでいます。志賀高原はもともと標高が高いというのもありますが。
駐車場にあった志賀のホテルのクルマの窓ガラスもカチンカチンに凍っていました。
登山道、足元を見れば低い気温が作り出した芸術作品
20071104165748.jpg


高天原マンモススキー場、寺子屋スキー場のゲレンデを登り、稜線に出ると、霧氷の
トンネルが待っていました。
寒いけど、気持ちいいですね。この時期の森の匂いも好きです。
20071104165906.jpg


霧氷の先には本日のターゲットである岩菅山がみえます。
今回は絶妙なタイミングですね。霧氷の中を歩けるなんて。
20071104165947.jpg


空を見上げれば、これまた低い気温が作り出した霧氷と青空。キレイでしょう。
20071104170033.jpg


まるで春の山桜が咲いているかのような景色。桜のように見えるのはもちろん霧氷
20071104170137.jpg


寺子屋山から岩菅山への稜線ルート、前半は稜線でも樹林帯の中を歩くので展望は
樹林帯越しですが、途中から展望が広がり、素晴らしい道になります。
「岩菅トレイル」と名付けさせて頂きます。
20071104170403.jpg


「のっきり」(ドッキリではありません、のっきりです)を通過して、山頂直下の
200mの標高差を登ります。
時間にすると約30分程度の登りです。
このコースで2番目に苦しいところです。1番目に苦しいところ? 勿論、最初の
ゲレンデ登りです(笑)。
これまでピーカンだったのに、山頂到着直前に、志賀高原側からガスが急に沸き始め
ました(この写真を撮ったあとに)
20071104170552.jpg


岩菅山の山頂に到着。10時40分。高天原Pから3時間10分でした。
標高2295m。日本200名山です。
志賀高原で2番目に高い山です。

ガスが沸いて展望もないので、コーヒーを飲みながら休憩していると、雲が切れて一瞬
ですが、北アルプスが見えました。感激ですね。
左側が鹿島槍、右側が白馬岳。奥には立山・剱岳も見えています。
20071104170818.jpg


志賀高原で一番高い裏岩菅山。
岩菅トレイルの一番美味しいところという感じもしますが、今日は早く帰りたいので、
いつか時間があるときに行こうと思います(またかよ って言われそうだけど)。
以前、一度だけ裏岩菅山まで足を伸ばしたことがあるので。
20071104170950.jpg


山頂で40分ほどマッタリ。下山しましょう。
予定では来た道を戻るつもりでしたが、久し振りに「のっきり」から一の瀬方面に
下りて、ぐるりっぷにすることにしました。「のっきり」から、あらいた沢方面に
下ります。
20071104171135.jpg


この先、アップダウンも無く、ずっと下りです。 ただ、階段攻撃があるので、少し
嫌だなあと思っていましたが、ここの階段は下りで使うには段差もちょうど良い感じで
意外にスムーズに下りることが出来ました。
膝のサスペンションを使うことを意識して下りました。今まで何度も下りているルート
ですが、こんなに快適に下りることが出来て意外な発見。
ところどころ登山道整備(老朽化した階段の付け替え)がされていました。今年の事業
だったようです。
この山に通い始めて7年になりますが、登山道整備を目の当たりにしたのは初めて。
20071104171304.jpg


あらいた沢まで下りてきました。下りはここまで。
20071104171354.jpg


あらいた沢から一の瀬ファミリースキー場まで、用水路に沿って約1時間のだらだら
歩きです。
道は落葉で絨毯のようになったルートを進みます。まったくの水平道です。のんびり
歩きます。
20071104171728.jpg


一の瀬ファミリースキー場からは車道に出て高天原Pに向かいます。約10分の舗装歩き。
これぐらいなら我慢できます。
高天原Pに戻ったのが午後1時半過ぎ。本日の所要時間は6時間ちょいですね。歩いた
距離は14K程度でしょう。


おまけ
志賀高原の紅葉の撮影スポット 一沼に寄ってみました。
残念ながら、紅葉のピークから10日ぐらい過ぎていますが、それでも少しキレイかな?
20071104171848.jpg



さて、明日も日帰り縦走に行きますよ!
天気が良いときは、下界の用事は後回しにして行っとかないとね。

  1. 2007/11/03(土) 22:15:45|
  2. 長野周辺の山々