稜線の風を感じて

元旦早々だらだら歩きin雪の雁田山(786m)

20080101181758b.jpg

予定では昨年に続き飯綱山で元旦登山と思っていましたが、今季最強の寒波襲来で大雪が降った直後で雪崩の危険も高そうだし、
天気予報も雪マークで展望もないだろうし、今回は無理せず、またまた近くの雁田山でサクッと今年初の山歩きへ。

とはいうものの、大晦日~元旦にまとまった雪が平地でも降り、家の前の雪かきに追われたので、雁田山にもたっぷり降っているだろうし、
こりゃ新年早々里山でスノーシュー三昧だなと期待して出かける。 
里山だし、元旦だし、歩く人はいないはず、ある程度のラッセルも覚悟の上でね。

天気:小雪
ルート:岩松院登山口~小城~大城~千僧坊~すべり山~岩松院(ぐるりっぷ)

登山口。フワフワの新雪でいい感じです。
しかし、思った程の積雪ではありません。スノーシューはザックにくくりつけてつぼ足
で登ります。
008.1.1 001


だらだら歩いていたら、後方から山のぼら~が1名やってきた。 元旦にこの雁田山
に登る人が私以外にもいたとは、ちょっと驚き。
聞くと地元の小布施町の方でした。 しばらく情報交換しながら一緒に歩かせて
頂きました。
登山靴はかなり本格的な靴だったので、登山経験豊富な方とお見受け致しましたよ。
登山靴のソールは私と同じでビブラムヴェルティージェだったので。
2008.1.1 008


登りながらスノーシューの出番を伺っていましたが、積雪は増える気配なし。
岩松院の登山口周辺で10cmもない状態でしたが、高度を上げてもせいぜい
15cm。 結局、スノーシューも使うことなく稜線へ。 もちろんアイゼンも不要。
今回は下着、中間着、アウターの3枚で登りましたが、汗ビッショリ。 もともと
汗かき体質ですが、この時期、汗をかかずに登るのは難しいですね。



稜線からの長野北部の景色。完全に雪まみれですね。
残念ながら、今日はこれ以上の展望はありません。
2008.1.1 025


岩松院まで戻ってきました。雪もけっこう溶けてきていますね。
2008.1.1 032

今日の山歩きは予想外に少ない雪と暖かさでした。


冬休み中にあと2回お山に出撃予定(天気次第ですが)。

  1. 2008/01/01(火) 19:00:00|
  2. 長野周辺の山々