稜線の風を感じて

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

今年初の飯綱山(1917m)

飯綱山(2008015)135b

予定では元旦に飯綱山に登る予定だったが、大雪で断念。
本日、今年初の飯綱山へ。

この冬休みの山歩きもこれで終り。
年末は天気悪くどこにも行けず仕舞いでしたが、年が変わって元旦には雁田山
3日には黒斑山、そして本日5日に飯綱山に行くことが出来ました。 
この冬休みの山歩きは3回。 まずまずかな?

天気:快晴
ルート:駐車場(県道横)~登山口~(冬山直登コース)~飯綱山(往復)


クルマはルールを守り県道横の駐車場へ。除雪されているのかが気がかり
でしたが、10台程度のスペースは除雪してくれていました。但し横のトイレ
は冬季は閉鎖で使えず(大座法師池のトイレを使ってくださいと張り紙あり)。
本日は私のクルマを含め3台のみ。 たぶん、登山口の駐車禁止・進入禁止
エリアに停めている人が多いのかな?


登山口目指して車道を行きます。登山口まで15分程度かな? ウォーミング
アップにはちょうどいい距離・時間。
飯綱山(2008.1.5)006



除雪されていた登山口にはクルマが7台停まっていました。 多分ですが、
ここは奥に別荘があるから除雪されているんだと思います。 除雪されて
いると、進入禁止場所でもついつい停めちゃうんでしょうね。 かつて私も
そうでした。

途中の「駒つなぎの場」まではつぼ足で登りました。
ここから先は夏ルートではなく、冬山の直登コースの急登を進みます。 
アイゼンとヒールリフターの付いたスノーシューをここから使用。
ヒールリフターを使うとふくらはぎへの負担が軽減されるので楽です。
とは言うもの、スノーシュー自体の重さがあるので、結構な運動には
なりますが。

さすがに大雪の元旦から5日も経つとトレースもバッチリですね。 
写真は「天狗の硯岩」から少し登ったところ。
2日にはアンディかあさん達が、3日にはアクティブママさん
トレースをつけてくれたみたいだし。感謝感謝です!
飯綱山(2008.1.5)024



展望があるところまで登ってきました。
北アルプスも見えるまずまずの天気ですね。クッキリとまでは行きませんが。
飯綱山(2008.1.5)028



ちょっと雲がジャマしていますが、白馬三山(右側)から針ノ木の後立連峰
飯綱山(2008.1.5)029



飯綱山の南峰までもうちょいのところ。 戸隠方面の分岐地点。
飯綱山(2008.1.5)045



南峰まで登ってきました。南峰からの戸隠山と高妻山ですね。
飯綱山(2008.1.5)046



稜線を通って飯綱山の山頂へ進みます。雪多いです。
ここはスノーシューのパフパフエリア。 あえてトレースを外れ新雪を進みます。
飯綱山(2008.1.5)068



山頂手前から妙高山(右奥)・黒姫山(右手前)・火打山(中央)・焼山(左)。
雪がない季節はこんな感じには見えませんが、雪のお陰で1mぐらい高い所
に立てるので見える景色。
飯綱山(2008.1.5)071



山頂です。素晴らしい天気になりましたよ。 
山頂の標識を見る限り、この辺りの積雪は1mは無い感じです。
飯綱山(2008.1.5)075



山頂エリアで再びパフパフを満喫。 いい年して、バカ丸出しですね。
今回、初の試みですが、上着は冬用のアウターを止めて、レインウエアに
してみました。現在使っている冬用のアウターは保温素材が使われていて、
冬山といっても登山は運動量があるので、暑くて汗かきすぎるので。
レインウェアでも十分って感じですが、もう少し様子を見ます。
飯綱山(2008.1.5)088



寒い山頂で写真撮ったり、コーヒー飲んだりして1時間以上まったり。
寒かったけどね。
下山です。 南峰からの下山ルートは登山靴、スノーシュー、スキーの
トレースが入り乱れております。
ここも、新雪の上をスノーシューでパフパフ三昧。
飯綱山(2008.1.5)141



下山し始めたら、すっかり雲ひとつない素晴らしい天気になりました。ちょっと残念。
飯綱山(2008.1.5)144


スノーシューは「天狗の硯岩」辺りで外し、アイゼンも付けずに下山。
ゆっくり下りればアイゼン無しでも大丈夫ですが、状況によってはアイゼン
付ける方が良いでしょう。




  1. 2008/01/05(土) 21:00:00|
  2. 長野周辺の山々
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。