稜線の風を感じて

展望&出会いありin雁田山(786m)

雁田山(20080202)024

予定では天気は何とか今日は持ちこたえてくれるだろうとプランAの飯綱山を予定していましたが、寒くて布団(正確には寝袋)から出られなくて、
時間だけが経過。 
何とか起きて顔を洗おうとすると、何と1月28日に続き、今朝も凍結でお湯が出ないではないか。 これで、またまたダラダラと時間が経過。 

結局、時間もなくなりプランBのいつもの雁田山へ。
でもカモシカの夫婦(親子?)との出会いあり。

天気:曇り
ルート:岩松院登山口~千僧坊~東屋(展望園地)~すべり山~岩松院
(ぐるりっぷ)

いつもの岩松院(がんしょういん)からスタートです。 
時間は何と10時45分、かなり遅いです。
雪は少なそうなので、スノーシューはクルマに置いて行きます。
雁田山(2008.2.2)003



岩松院横の尾根の先っちょが登山口。 
雪ありませんね。 今週は寒い日が続いて、雪もそれなりに降った感じがして
いましたが。
根子岳、四阿山と雪山が続いたので、久し振りの土の感触もいいもんです。
雁田山(2008.2.2)005★



小城跡を通り過ぎて少し登るとカモシカ君発見。 今回は親子みたい。
所々にある雪の上にはトレースがなく、今日この山は私が一番のりだったようで、
こりゃカモシカ君との遭遇確率高いかもと期待して歩いていたら、物の見事に的中。
雁田山(2008.2.2)019★



我が子を心配する母親?「少し近づかせてもらって写真撮るだけですから」と私。
雁田山(2008.2.2)020★母



興味津々の子供?「お母さんの言うことを聞いて大きくなるんだよ」と私。
雁田山(2008.2.2)021★子



今日は登り始めて早々にカモシカの親子と出会えて気分よく登っていたら、再び
カモシカ君を発見。
単独のカモシカだったので、さっきの親子ではないのは明らか。顔もちょっと違うし。
この雁田山では結構高い確率でカモシカ君と遭遇していますが、同じ日に3頭と
遭遇するのは久し振り。
もう少しアップで撮りたかったけど、逃げられちゃった。
雁田山(2008.2.2)033★



歩き始めてから30分ちょっとの当たりから、雪が増え始めました。
深いところで20cm程度沈む感じの新雪です。 でもアイゼンも必要ないレベルだし、
もちろんスノーシューも必要ありません。 軽めのラッセルです。 
雁田山(2008.2.2)040



尾根に出てからも同じような雪の量。ところどころ雪が無いところもありましたが。
雁田山(2008.2.2)050



東屋のある展望園地に到着
雁田山(2008.2.2)060



今日の天気は曇り空でいま一つですが、展望はバッチリでした。
目の前には新北信五岳(しんほくしんごがく)がバーンと広がっております。 
右から妙高山、火打山(白い焼山と妙高の間)、黒姫山、戸隠(高妻山)、飯綱山
雁田山(2008.2.2)061



そして、何と北アルプスが後立から槍穂までぜーんぶ丸見え。 
昨年3月の絶景には負けるけど、この曇り空でこれだけ見えれば不満はありません。
雁田山(2008.2.2)062

ちなみに、昨年3月の雁田山からの絶景記事はこちら


鹿島槍、五竜、唐松のアップ
雁田山(2008.2.2)063



白馬三山のアップ
雁田山(2008.2.2)086

  1. 2008/02/02(土) 20:33:22|
  2. 長野周辺の山々