稜線の風を感じて

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

スーパー快晴狙いの飯綱山(1917m)

飯綱山(20080222)055b

長野県も周りの県も完璧な晴れマーク予報
この好天逃したら一生後悔するかもという感じの天気(ちょっと大げさ)。
とうことで、北アルプスの絶景を期待して、飯綱山に登って来ました。


天気:快晴
ルート:南登山道往復(一部冬山直登コース)

快晴の天気を狙っての山歩きなので、当然と言えば当然ですが、この天気
気持ちいいっすね!
ただ気温が高めなので、雪も少し柔らかめで、トレースを外すとズボっと膝ぐらい
まで埋まるところもあったりして、歩き始めてすぐスノーシュー装着です。
飯綱山(2008.2.22)008



途中の冬季限定の直登コース(結構な急登です)もスノーシューのヒールリフター
を使って、えっちらおっちら登り、山頂(南峰)が見えるところまで上がってきました。
トレースが見えますが、これは今日のものではなくて、数日前のものみたいですね。 
今日は私が一番乗りですから。 本当に素晴しい天気です。
飯綱山(2008.2.22)019



左手には戸隠山・高妻山 こんなにキレイに見えています。
飯綱山(2008.2.22)039



こりゃさぞかし北アルプスも絶景が広がっているんだろうなと思って見ると?
ん? 何これ? 雲が多いじゃん。 どういうこと?
飯綱山(2008.2.22)042



南峰(1909m)にある飯綱神社奥宮は完全に雪には覆われておらず、中に
入れる状態でした。
山頂で風が強ければ、あとでここで休憩するとしましょう。
飯綱山(2008.2.22)060



ここから短い距離ですが、稜線を歩いて飯綱山の山頂(1917m)に向かいます。
この稜線の雪は新雪っぽいフワフワの雪でした。 ここは風があるせいか、トレース
は消えています。あるのはウサちゃん?のトレースのみ
パフパフ満喫しまくりエリア!
飯綱山(2008.2.22)068



山頂到着です。1917mです。 誰もいないのでセルフ撮り
積雪はこの感じから判断すると1m程度でしょうか? 雪が多い年は、この標識の
頭部分がちょこっと出ている程度なので、少ない方でしょう。

高妻山(左)~焼山~火打山~妙高(右奥)・黒姫山(右手前)
これは絶景だ!
飯綱山(2008.2.22)130



風もなく、暖かかったので山頂付近で何と1時間40分もマッタリ。
しかし、ここまで粘っても北アルプスの展望は相変らず、この状態。
飯綱山(2008.2.22)191



ピーカンで大展望の期待していたんですが、残念です。 気温が高いので仕方ないか。
下山しましょう。
南峰付近まで戻り、山頂を振り返ると。 スノーシューの2本のトレースがバッチリ
ついております。行きと帰りでつけた自分のトレースがあるのみ。 完璧に独り占め。
飯綱山(2008.2.22)197



稜線と違い、下山ルートは南斜面なので雪も重め。
パフパフとまでは行きませんが、スノーシューでこけない程度に駆け下ります。
飯綱山(2008.2.22)215



ただ、冬季限定の直登コースの下山では、本人はそのつもりはないのに、何度か
尻セードになってしまって一瞬やべー、止まってくれと思ったりもしましたが、
まあ何とか無事に下山。

下山途中に登ってこられた方が4名。 私も含め今日は入山者数5名でした。



  1. 2008/02/22(金) 22:00:00|
  2. 長野周辺の山々
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。