稜線の風を感じて

こっちの太郎山(996.9m)でカモシカ祭り

若太郎山(20080315)109カモシカC君

先週は後立の大絶景を堪能したので、今週末はちょこっと早春の里山歩きです。
今日は長野市若穂の太郎山。 
上田の太郎山と区別するため、若太郎山と一般的に言われています。
本日は3頭のカモシカ君と遭遇。
ルート:天王山登山口~こしき岩~山頂(往復)
天気:晴れ

昨夜、結構まとまった雨となり、また本日の早朝まで曇り予報だったので、遅めの出発。
天王山登山口のPには私のクルマのみ。この時期は登る人は少ないのでしょうか?
10時登山口を出発。
若太郎山(2008.3.15)001



登り始めはポカポカ陽気
若太郎山(2008.3.15)005



最初の展望適地「城ノ峰」に到着 
天気は晴れなんですが、遠望は効きませんね
若太郎山(2008.3.15)008



絶景ポイント「こしき岩」に到着。今日は残念ながら遠望はありません。
こういうときは遊ぶ人がいるんですね。
岩に登る人 発見(笑)
若太郎山(2008.3.15)019



岩の上でワンパターンなポーズを取る人 発見!
若太郎山(2008.3.15)025



おいおい、誰も居ないからといって、こんな所で遊ぶかな 
若太郎山(2008.3.15)036



ここまでのルートを振り返る 尾根の先っちょから登って来たんですね。
若太郎山(2008.3.15)043



山頂目指して進みます 残雪が少し出てきました。
登り始めは暑いぐらいでしたが、徐々に風も出てきて爽やかで気持ちよくなりました。
若太郎山(2008.3.15)046



こしき岩から10数分きたところで、カモシカ君とばったりんこ
この後の事情もあって、このカモシカ君をA君としておきましょう(笑)。
カメラのAiAFを中央AFに変えて激写。 これカモシカ君を激写する時のポイントね!
今回は熊除けの鈴を鳴らしながらの山歩きだったので、カモシカ君との出会いはない
だろうなと思っていたので感激です。
若太郎山(2008.3.15)048



徐々に残雪が増えますが、つぼ足で十分歩ける程度なので問題はありません。
根回り穴が里山にも春が来たことを感じさせます。
若太郎山(2008.3.15)057



山頂直下の急登 雪が中途半端にあり、滑りやすいところでした。
若太郎山(2008.3.15)063



山頂エリアに登り詰めると歓迎してくれたのは、またもカモシカ君。
後の事情もあって、このカモシカ君はB君としておきましょう(笑)。
歓迎じゃなかったのかな? 数分睨み合いが続く。
さらに近づくと「フシュッ」と警戒音を出して、逃げられちゃった。
若太郎山(2008.3.15)066



太郎山の山頂 この辺りは残雪が15cm程度ありました。
遠望は効かないけれど、まだ行ったことのない鍋倉山方面を眺めております。
若太郎山(2008.3.15)090



飯綱山方面は、頭がちょこっと出ているだけ
若太郎山(2008.3.15)103



山頂で30分ほどドリップ珈琲をいれてマッタリ。

下山しましょう。
若太郎山(2008.3.15)107



山頂から10分も行くと、何と本日3頭目のカモシカC君とばったりんこ。
雁田山で1日に3頭のカモシカ君と遭遇したことはありますが、雁田山以外では初めて。
若太郎山(2008.3.15)109



こしき岩まで下りてきました。 飯綱山が少し見えて来ましたが、今日はこれが限界かな?
若太郎山(2008.3.15)116



まさに稜線の心地よい風を感じながらこんな道を下りて行きます
若太郎山(2008.3.15)125



里山歩きにはよい季節になりましたね。
風は心地よいし、虫は居ないし、クモの巣もないし。
ただ、春霞で展望いま一つですが。






  1. 2008/03/15(土) 23:10:52|
  2. 長野周辺の山々