稜線の風を感じて

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

残雪多く途中で敗退in高社山(1351m)

20080413165955b.jpg

この週末は天気がいま一つ。 
こういう時は、この時期にしか行けない里山をのんびり歩くことにします。

雲の多めながらも予報サイトによっては晴れマークも出るような微妙な天気。
雨は降りそうに無さそうだし、残雪歩きもちょっとだけ期待できるかなと高社山を目指しました。


天気:曇りのち時々晴れ
ルート:赤岩登山口P~尾根(土用場=胴結場)(往復)


登山口に向かう途中の高社山 完全に雲の中です
高社山(2008.4.12)002


赤岩登山口にクルマを止め、高社山道を行きます。
いままであまり意識していなかったけど、こんな立派な案内があったん
ですね(場所変わった?)
高社山(2008.4.12)005


早速、ダンコウバイ(檀香梅)がお出迎えです
高社山(2008.4.12)009

高社山(2008.4.12)013


途中、カタクリと思われる葉っぱだけ発見 高社山の山麓にも咲くのかな?
高社山(2008.4.12)034


しばらく行くとダンコウバイと少し違う感じの黄色い花あり
これがアブラチャン(油瀝青)? ちがう? わかりません。
高社山(2008.4.12)036

高社山(2008.4.12)037


途中、高社山方面が見渡せる場所まで来ましたが、相変らずこの状態
まあ、今日は里山で有酸素運動だ!と割り切る
高社山(2008.4.12)047


稜線に出る少し手前にはイワカガミの群生地があります。
この時期は咲いているはずもなく、葉っぱだけですが。
高社山(2008.4.12)051


開花するとこんな花で一面ピンクに染まるんでしょうね。
ここのイワカガミが見頃を迎える時期、高い山を目指しているので、花の時期に
ここに来るのは常に難しい状況。
なので、今回は他の山のイワカガミの写真をぺったんして気分だけ味わうと
しましょう(写真は四阿山のもの)。
高社山(2008.4.12)052


稜線に近づくに連れて残雪が増えます
高社山(2008.4.12)057


土用場とか、胴結場とか言われている稜線に出るとまだまだたっぷりと雪が
残っていました。今年は雪が多いようですね。 4月になってからも降ったし。 
この辺りで50cm~70cm程度ある感じです。ベンチも雪の下で出ていないし。


高社山方面を見ると 晴れ間が出てきました。
ただ、この先、残雪がさらに多い感じだし、危ないポイントもあるので、今日は
ここで撤退です。何が何でもピークに立たなければという意識はないし、
美味しい空気を吸って山が歩ければ幸せな人なので。
高社山(2008.4.12)088


今回はしっかりと珈琲を頂いてまったり。

下山途中、変わった花を発見(登る途中は気付かず)
追記:きぶし (木五倍子)と言う名前のようですよ
高社山(2008.4.12)110

高社山(2008.4.12)112


ダンコウバイを眺めながら下山
高社山(2008.4.12)117


登山道口近くまで下りてきたところにあった花
どこにでも咲いている花でしょうが
花をマクロで撮るのも久し振りなもんで、ついつい撮っちゃいました
風で微妙に動いている花を不自然な姿勢で撮るは、相変らず難しいですね。
高社山(2008.4.12)125

高社山(2008.4.12)128

高社山(2008.4.12)129









  1. 2008/04/13(日) 17:00:00|
  2. 長野周辺の山々
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。