稜線の風を感じて

14Kザック背負って こっちの太郎山(996.9m)

若穂太郎山(20080420)037b

GWも近いことだし、そろそろテント装備を背負うことを想定しなければと、今日はこっちの太郎山で14.2Kのザックを背負って、今の私にこの重さで
歩ける体力、気力があるか確認してきました。
14.2Kの大部分はペットボトル、プラティパスに入れた水です。


ルート:天王山登山口~こしき岩~若穂太郎山(山頂)の往復
天気:曇りのち晴れ

一泊二日のテント泊装備の重量、盛夏は12K台、春(GW)と秋が14K台を
大体の目標にしています。
今回は水とウェアを適当に60Lザックに詰め込んで14.2K。
久し振りに重いザックを背負っての里山歩き。 
里山でこんなデカザックを背負って歩くの、以前は周囲の目が気になりましたが、
今じゃ全く気にならず。
慣れでしょうか?


どんよりした曇り空ですが、予報では昼前後は晴れなので、雨は降ることは
ないでしょう。
登山口 桜の時期にここを登るのは初めてですが、桜の回廊みたいになって
いるんですね。いい感じです。
若穂太郎山(2008.4.20)005



歩き始めて20分ちょっとで、カモシカ君が出迎え
若穂太郎山(2008.4.20)037

このカモシカ君 すぐに逃げることなく私を観察しています。 しばらく観察しあいっこ。
若穂太郎山(2008.4.20)042


里山も新緑の緑が少し眩しくなりました
若穂太郎山(2008.4.20)044


かなり散ってはいますが、まだまだ行けますね!ダンコウバイ(檀香梅)
若穂太郎山(2008.4.20)055




花を眺めながら、14Kザックの重みを感じながらえっちらおっちら登ります
若穂太郎山(2008.4.20)065


この山にも、この花がありましたね(高社山で見たのと同じ花)
追記:きぶし (木五倍子)と言う名前みたいです
若穂太郎山(2008.4.20)074


こしき岩と山頂の中間辺りで、何と「熊さん」と遭遇
若穂太郎山(2008.4.20)092

ウソです。 本日2頭目のカモシカ君でした。 上の写真だけみたら、熊と間違えて
もおかしくないですね。
このカモシカ君は少し離れたところにいましたが、シャッターを切った瞬間、逃げ
られたのでこんな写真しか撮れず。
本日2頭目のカモシカ君は警戒心が強くて、モデルになってくれませんでした。


山頂です。 誰もいませんね。
若穂太郎山(2008.4.20)095


14Kのザックを背負って来ましたが、登りの後半はフィット感バッチリで重さも感じ
なくなって中々いい感じ。 久々の重いザックでしたが大丈夫ですね。 
GWは高い山でなければテント泊装備で行けそうです。

天気が良ければ北信五岳の大展望が開けるところですが、今日は雲が多めで、
これがベスト。
若穂太郎山(2008.4.20)098


ドリップ珈琲を入れてまったりタイムへ
山頂で咲いていたダンコウバイ(檀香梅)をアップで撮影したり
若穂太郎山(2008.4.20)104


今年ことは行こうと思いながら、中々行けない妙徳山を眺めていたり
若穂太郎山(2008.4.20)108


していたら、続々と山頂に人がやってきました。 
独り占めだった山頂があっという間に10人程度の賑やかな山頂へ。


賑やかになった山頂を後にします。
こしき岩まで下りて来ると、青空になりましたね。 
今日はこのお立ち台でのお遊びはありませんよ(笑)。
若穂太郎山(2008.4.20)122


北アルプスも微かに見え始めました。 写真じゃ、ちょっと分かりづらいですね。
若穂太郎山(2008.4.20)123


登る途中には気付かなかったお花たち
若穂太郎山(2008.4.20)130

若穂太郎山(2008.4.20)135

若穂太郎山(2008.4.20)137







  1. 2008/04/20(日) 21:07:27|
  2. 長野周辺の山々