稜線の風を感じて

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

今年も登山道整備in飯綱山

飯綱山(20080622)007ビーバー隊

いいづなやま1917m

毎年恒例の飯綱山、霊仙寺山の登山道整備です。
今年はいいづなリゾートスキー場から飯綱山に登る「原田新道」の整備。
6月第1日曜日の開山祭前の5月下旬にやるのがベストですが、今年は諸般の事情がありまして、本日が登山道の整備。

ルート:いいづなリゾートスキー場~(原田新道)~飯綱山(往復)
天気:曇り(かなりの蒸し暑さ)

天気予報では雨だったので、雨で登山道整備は中止かなとちょっぴり期待も
していたのですが(笑)。
朝になると雨もあがり、どんよりとした正に梅雨真っ只中の天気ではありますが、
まずまずの登山道整備日和になってしまいました。
やるしかないですね。

いいづなリゾートスキー場に7時集合し、7時半ころ出発
今回は8名の参加です。 男性7名、女性1名。

ビーバー(草刈機)を背負い、スキー場を通って登山道に分け入る我がビーバー隊
飯綱山(2008.6.22)007
(注)ビーバーは草刈機の1ブランドですが、草刈機のことをビーバーと言うこと
が多いようです。

新緑の原田新道を進みます
飯綱山(2008.6.22)009



登山道の前半は、角度によっては少し不気味なギンリョウソウ(銀竜草)がいっぱい。 
湿った暗い場所に咲く花。
Mさんによると、ギンリョウソウもどきかも知れないとか。
飯綱山(2008.6.22)017



レンゲツツジも所々満開でした。
飯綱山(2008.6.22)023



仕事しとるんかいと言われそうですが、決して花の写真ばかりを撮っているわけ
ではありません。
ちゃんと整備のお手伝いをしております。 
8名の内、6名がビーバー隊(草刈隊)で、私と紅一点のSさんが刈られた草や木の
枝を片付けながら後方を歩いております。 これが上半身を使う結構な肉体労働で
ありまして、これに蒸し暑さも加わり、汗だくです。
飯綱山(2008.6.22)027



昨日は鍋倉山のブナの森を歩いてきましたが、飯綱山の原田新道にも中腹あたり
にブナの巨木があります。 ブナがある森にはは癒されますね。
飯綱山(2008.6.22)029



刈られた草や木の枝を片付けながら、ついでに花の写真も撮りながら飯綱山を
目指します。 ちゃんと仕事しているんですよ(しつこいって?)。 仕事中の姿を自分
で撮影できないだけ。
飯綱山(2008.6.22)035

飯綱山(2008.6.22)037



今日は完璧な曇り空。 雨が降らないだけましですが。
ようやく樹林帯を抜け、明るい場所に出ました。 でも、相変わらずの蒸し暑さ
で汗びっちょり。 まさに汗もしたたるいい何とか状態。
飯綱山(2008.6.22)038


飯綱山(2008.6.22)040



山頂直下。 勢力的に草を刈るKさん。
飯綱山(2008.6.22)042


飯綱山(2008.6.22)047



やっと飯綱山の山頂到着。 展望全く無し。隣の南峰すら見えず。
登り始めが7時半、山頂到着が12時15分なので所要時間は4時間45分。
標準的なコースタイムの2倍ぐらいでしょうか。
皆さん、お疲れ様でした。 
ちょうどお昼タイムの山頂到着でしたが、この天気ですからね、さすがに我が隊
以外は誰もいませんでした。
蒸し暑さもあって、皆さんバテバテのようです。
登るだけでもしんどいのに、ビーバー隊は重いビーバーを肩にかけ振り回し、
片付け隊も刈られた草・枝を払うのに上半身を使い、結構ハードな全身運動に
なっていますからね。
皆さん、頭の中はこの後のビールでいっぱいかな?(先頭グループは既に一杯
やっていたらしいが)。
飯綱山(2008.6.22)052



6月1日の飯綱山登山サミットで方位盤の除幕式がありましたが、この時は儀式で
本チャンの方位盤は準備されていませんでした。
本日も確認しましたが、6月1日以降、全く進展していないようです。
もしかして、除幕式の儀式だけで終わったりして。 まあ長い眼で見てあげましょう。

このあと、山頂から原田新道を少し下りたところに樹林帯の休憩適地があって、
ここで宴会です。 
飯綱山(2008.6.22)053


普段、山では粗食ですが、今日は肉・野菜・ラーメンと贅沢三昧。
せっかくの有酸素運動で脂肪を燃やしたのにとちょっぴり思いましたが、目の前に
これだけ出されると食べないわけには行きません。 会費も払っているし、元も取ら
ないとね(笑)


さて、宴会も終り、ところどころ草・枝を刈り、片付けならが下山します。
もちろん、登りに見落とした花もチェックしながらね。
飯綱山(2008.6.22)061



ビーバーを抱えての不安定な態勢での下山 
慎重に下ります。
飯綱山(2008.6.22)067



飯綱山(2008.6.22)072




いいづなリゾートスキー場まで降りて来ました。
お疲れ様でした。 
バテバテの人や、ここまで降りてきて山菜が取れるぞと急に元気になる人や、
いろんな人がいます。
飯綱山(2008.6.22)081



私はゲレンデに咲いている花をパチリ
飯綱山(2008.6.22)083

飯綱山(2008.6.22)088

飯綱山(2008.6.22)089★



駐車所まで戻ってきたのが3時半。
出発が7時半だったので、休憩(宴会)も含めて約8時間の行動タイム。
幸いにも、雨予報だったにもかかわらず、雨には降られず。
自宅に戻る途中(4時前)辺りから雨でした。しかも徐々に土砂振りへ。







  1. 2008/06/24(火) 20:49:29|
  2. 長野周辺の山々
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。