稜線の風を感じて

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

高妻山(2353m)


20060117073206b.jpg

2005.9.3
たかつまやま
日帰り 天気:晴れ~曇り(山頂では一瞬だけ晴れ)
ルート:戸隠牧場P~一不動~山頂~一不動~戸隠牧場P

ずっと飯綱山から、黒姫山から、そして市内から眺めるだけでいた高妻山。
ついに登るときが来たぞ。
ロングコースとの情報だったので、タイミング(天気、日照時間等)を検討していたが、やっと実現。


戸隠牧場Pを5時35分出発。やあ晴れてますね!
20060117072742.jpg


大同沢を何度も渡り、また沢そのものを登りウワサの岩場「滑滝(なめたき)」の鎖場へ。
20060117072903.jpg


直後に鎖場のトラバースポイント「帯岩」を通過。一不動までの難所はこれで終わり。後は体力・気力勝負か? へなちょこ山のぼらーにはきついかも!
20060117073004.jpg


途中、「氷清水」あり。
看板によると「ここは氷清水(こおりしみず)です。お手元の地図等の一杯清水を氷清水に訂正して下さい」by戸隠登山ガイド組合」とある。
20060625111545.jpg


何とか一不動の非難小屋まで登ってきました。ここまでくれば快適稜線山歩のはずだが。
20060625111631.jpg


少し行くと目指す高妻山がはっきり見えていた(この段階では)。期待が膨らむ。
20060117073206.jpg


このあと嫌というほどアップダウンを繰り返し山頂へ向かう。
高妻山の手前のピーク 五地蔵山(1998m)。
このあとまたきついアップダウンの繰り返し。
20060625111747.jpg


高妻山にガスがかかり始めました。あちゃ!
20060625111914.jpg


ついに山頂直下のかつてない急登エリアへ。完全にガスの中です。
登りはなんとかなっても下りが怖そうですね。
20060625112022.jpg


やっと緩やかになり十阿弥陀に到着。ここが山頂ではなく、少し先にピークあり。もうちょいだ!
20060625112223.jpg


やっとピークに到着したが、ガスで全く展望無し。 
20060117073338.jpg


とりあえず、早速証拠写真を撮り、パン食べてたら、奇跡的に晴れ間が広がり始める。乙妻山も見えます。
20060625112427.jpg


山頂より少し下の十阿弥陀から見た山頂。
20060117073520.jpg


青空も飛行機雲もキレイだった。
20060117073710.jpg


でも、再びガスが一面に。30分あまりで山頂を後にして下山へ。
このあとは黙々と下山。

日帰りにしてはきついコースでした。一不動までが飯綱山と同じ、そこからさらにもう一山日帰り登山する感じ。
ああ疲れた。

展望がいまひとつだったので、天気が良い日に再チャレンジしなくっちゃね。このままじゃ、この山は終わりに出来ないよ!

  1. 2005/09/03(土) 22:10:21|
  2. 長野周辺の山々
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。