稜線の風を感じて

涼をも求め爺ケ岳へ 思いがけず稚児車とも再会!

爺ケ岳(20080705)314b

北アルプス 爺ケ岳(じいがだけ)南峰2660m、中央峰2670m 日帰り
下界は30度を越える猛暑続き。
家はエアコン無しエコ生活8年目。 毎年この時期、エアコン買おうかどうか悩んでいますが、我慢してきました。
エアコン買うぐらい余裕はありますよ、でも我慢してきました。 
今回も我慢の子かな?
こう暑いと高い山に行って涼むしかありませんね。
ルート:柏原新道登山口~種池山荘~爺ケ岳南峰~爺ケ岳中央峰(往復)
天気:晴れ(ピーカンから徐々に曇りへ)

昨年9月の鹿島槍以来の柏原新道です(標高1330m)
時間は6時13分 もう少し早く来るべきでした
登山口のPには既に10台程度のクルマがありました。
爺ケ岳(2008.7.5)005



登山口付近から針ノ木岳の稜線
いまのところ完璧なピーカンですね。 
山の天気は変わりやすいし、今日は大気が不安定で午後からカミナリの
リスクもあります。 
なので、今日は早めに登って、早めに下山の予定。
でも、これを実現するため、今朝は3時半起床、4時半に家を出てきました。
爺ケ岳(2008.7.5)007



柏原新道(かしわらしんどう)、最初はモミジ坂という名前の急登がありますが、
これをクリヤーすれば、後は一定の斜度の登りが続きます。
前半は蒸し暑く汗ビッチョリでした。
爺ケ岳(2008.7.5)009



登りはじめてから1時間ちょっと、柏原新道の左手に針ノ木岳、スバリ岳が見える
ところまで来ました。 薄い雲が広がり始めています。
爺ケ岳(2008.7.5)049



途中の工程は省略して、最初の雪渓のトラバースポイントに到着です。
種池山荘の方々が普通に通行できるようにしてくれているので安心です。
爺ケ岳(2008.7.5)121



2番目の雪渓トラバースポイント ここが毎年最後まで雪が残るポイント
ここもカットしてくれているので問題ありません。
この時期のこのルートはここが一般人でも安全に通過できるかがポイントですが、
事前に種池山荘のHPで、この2箇所の雪渓トラバースポイントの状況を確認し、
問題ないことを確認して今日ここに来ています。
爺ケ岳(2008.7.5)134
ただ、雪の斜面に大きな石が無数あって、微妙なパワーバランスで落ちる
ことなくとどまっていますが、これが落石となって人を直撃するとかなり危険。
落石に注意しながら速やかに通過しましょうね。



赤い屋根の種池山荘が見えて来ました。 でも今年は残雪が多いです。 
昨年同時期、右側の斜面にはこんなに多くの雪はありませんでした。
爺ケ岳(2008.7.5)155



種池山荘(標高2450m)到着です。時間は9時13分。 
登山口からジャスト3時間ですね。
前半蒸す暑くて汗が噴出す状況でしたが、徐々に涼しい風が吹き始め、後半は
気持ちよく歩けました。


種池山荘からの展望
蓮華岳(左)~針ノ木縦走コースの全景
ここも本当にいいコースです。 過去2度ここを歩いていますが、針ノ木の稜線から
の黒部湖、剱・立山連峰はガスが多い展望しか眼にしていないので、今年三度目の
挑戦を予定。
爺ケ岳(2008.7.5)164



蓮華岳(左)と針ノ木岳のアップ、針ノ木岳の右手前はスバリ岳?
本日、針ノ木大雪渓は沢山の人が歩いているでしょうね。 下界の暑さが続けば、
ここも涼む絶好のポイントです。
爺ケ岳(2008.7.5)165



種池山荘の裏側からのデッカイ鹿島槍ケ岳 
天気もまだ行けますね。
普段は山荘の裏は侵入禁止になっていますが、今日は入れました。
爺ケ岳(2008.7.5)170



山荘前の雪田にビニールシートを敷いて座り、絶景を眺めながら、しばしマッタリ
心地よい稜線の風と雪の冷たさ、もうたまりません。下界に下りたくない気分。
爺ケ岳(2008.7.5)181



山荘を後にして、爺ケ岳に向かいます。 
先にちょこっと見える三角の山が爺ケ岳の南峰(2660m)
雪田を歩いて向かいます。 雪田はちょっとだけだけどね。
雪が溶ければ、山荘前はチングルマ(稚児車)のお花畑になりますが、この残雪
じゃ無理というもんです。 この辺りのチングルマはまだまだ先でしょう。
爺ケ岳(2008.7.5)187



爺ケ岳の全貌 手前から南峰、中央峰(2670m)、奥が北峰(2631m)
今日は中央峰まで行きます。
爺ケ岳(2008.7.5)198



種池山荘方面を振り返ると、この絶景ですよ!
赤い屋根の種池山荘の後方の雪山は剱・立山連峰です。 たまりません!
爺ケ岳(2008.7.5)206



爺ケ岳へのルートの途中からの鹿島槍ケ岳
まだまだピーカンですね。 鹿島槍、ことし最低でも1回は行きたいところです。
爺ケ岳(2008.7.5)214



登りでついつい視線が下向きになっているときに、なんか「グエグエ」という音が。
目の前にライチョウがおりました。 逃げることもなく、私の前をウロウロ。
「君にとってはこれから厳しい環境だろうけど、生き残れよ」と声をかけると、
「そりゃお前もだろう」とライチョウ君。 
ハイ、全くその通りで御座います。
爺ケ岳(2008.7.5)226



爺ケ岳南峰へのなだらかな登りをエッチラオッチラ登ってきて振り返ると
まるで絵葉書のような絶景が広がっていました。 赤い点が種池山荘ね。
爺ケ岳(2008.7.5)232



今日の爺ケ岳、実はチングルマ狙いでもあったんです。
昨年同時期にこの先で、チングルマが一箇所だけ群生していたところが
あったんです。
ただ、今年は遅れているとの種池山荘の情報だったので、今回は無理だろう
なと思っていたら、何と、今回も可愛いチングルマおったよ。
しかも今回はイワカガミと共生しておりました。 昨年同時期にはチングルマ
だけでした。 不思議な光景ですね。
少し離れてみると、チングルマ 本当に目玉焼きに見えますね。
爺ケ岳(2008.7.5)247



アップだと目玉焼きに見えなくて、別の花のようにも見えます。
爺ケ岳(2008.7.5)248



爺ケ岳南峰(2660m)に到着。10時30分。
チングルマとの再会で時間をとられ、種池山荘から約1時間かかりました。
後方は鹿島槍
爺ケ岳(2008.7.5)264



これまで歩いて来た道と剱・立山連峰
爺ケ岳(2008.7.5)265



蓮華岳と針ノ木岳の稜線
爺ケ岳(2008.7.5)266



鹿島槍 ガスが沸き始めています。 
やはり10時を過ぎれば天気が良くてもこんな感じなのかもしれません。
爺ケ岳(2008.7.5)270



爺ケ岳南峰のケルンと剱・立山連峰 これもいい絵ですね。
剱・立山連峰はこの先、行けそうにもないので、富士山同様遠くから眺める絶景
の山です。
爺ケ岳(2008.7.5)314



ここまで来たら、爺ケ岳の最高峰の中央峰(2670m)に行かないてはありません。
時間にして15分ぐらいですから。


鹿島槍、かなりガスが沸いてきました。
爺ケ岳(2008.7.5)334



今日の山歩きは、この爺ケ岳の中央峰まで 
鹿島槍はテント担いで1泊2日の日程で来て、早朝のピーク着を目指したいですね。
下山開始です。
爺ケ岳(2008.7.5)373



南峰を通らない巻き道もありますが、せっかくなので、再び南峰へ。
南峰から種池方面と背後に剱・立山連峰の展望!
鹿島槍はガスですが、こちらはまだまで絶景です。
爺ケ岳(2008.7.5)386



途中のチングルマのお花畑で再び写真撮影タイムへ
しかし、何度見ても珍しい光景ですね。
イワカガミとチングルマが同じ場所に咲いているなんて。
爺ケ岳(2008.7.5)396



アップで撮影すると、こんなんですからね。 ありえねーって感じです。
爺ケ岳(2008.7.5)397



種池山荘近くまで下りてきました。
この景色をみて「ハイジがブランコで遊んでいそうな種池山荘」と表現した人がいましたが、歳をとるとこういう発想はありませんね(若くても無かったけど)。
こういう景色を見て、こういう発想する人、感性があるひとがうらやましくもある。
爺ケ岳(2008.7.5)427



種池山荘に戻ってきたのが12時10分。
ここで、やっと珈琲タイムへ。 あと、チンタラ下りるだけですから。


種池山荘で約20分程マッタリして、さて下山です。 長い下りです。
12時30分、種池山荘を後にします。
  1. 2008/07/07(月) 21:00:00|
  2. 北アルプス後立山連峰