稜線の風を感じて

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

大雪渓・お花・絶景 針ノ木岳テン泊縦走(1日目)

針ノ木(2008082)343針ノ木とスバリ

天気 晴れ~ガス
扇沢~針ノ木峠~針ノ木岳(往復)~蓮華岳(往復)~針ノ木小屋(テント泊)
2日目の記事は→こちら




前日の夜10時半ころ扇沢入り。 
舗装の無料P、9割程度埋まっていました。
今日は、針ノ木峠までの予定なので、少し遅めの5時20分に
扇沢(1420m)を出発。
途中は省略して、いきなり針ノ木大雪渓です。
針ノ木縦走(2008.8.2-3)184★
写真1


下界は暑くて死にそうなこの時期、こんな気持ちいいことしていいのかな?
と思うほどの気持ちよさ。
山をやらないひとはこの快適さは味わえません。
一応、軽アイゼンをつけて雪渓歩き。
針ノ木縦走(2008.8.2-3)195★
写真2


雪渓歩きは1時間弱。 白馬大雪渓に比べると比較的短い距離でしょうが、
これぐらいが退屈せずに歩けるちょうどいい距離かな?
雪渓歩きは大岩で終了し、夏道へ。
針ノ木縦走(2008.8.2-3)210
写真3


夏道に入るとお花がお出迎え
針ノ木縦走(2008.8.2-3)218★
針ノ木縦走(2008.8.2-3)221★
針ノ木縦走(2008.8.2-3)224★
写真4、5、6(上から)


そんなこんなで針ノ木峠(2536m)到着。 時間はまだ何と8時35分。
意外に早く到着しました。 扇沢から3時間15分
針ノ木から種池方向の稜線、バッチリ見えていますね。まだまだ好天です。
針ノ木縦走(2008.8.2-3)232
写真7


時間は早いけど、まず受付してテントを張ります。 テント泊代は500円の
一般的な価格。 ただ、水は有料です。 1Lで200円とやや高め。
もちろん、本日のテント泊受付第一号です。
といっても、場所が指定されるテン場ですが、一応希望の場所(石ころが
少なくて、やや広めの場所)を申し出ると、渋々OKしてくれて、希望の場所へ。
基本的には狭いテン場から詰め込んで行くようです。
テン場は、テントの窓から槍穂と裏銀座の稜線が見える絶景ポイント
針ノ木縦走(2008.8.2-3)243
写真8


寝床は確保したし、時間はたっぷりあるし、天気がよいうちに
針ノ木岳(2821m)に登りましょう。
針ノ木縦走(2008.8.2-3)249★
写真9


明日はここを夜明け前に通過する予定なので、ここのお花は今日しか
会えません。
針ノ木縦走(2008.8.2-3)261
針ノ木縦走(2008.8.2-3)265
針ノ木縦走(2008.8.2-3)277
針ノ木縦走(2008.8.2-3)282
針ノ木縦走(2008.8.2-3)296
針ノ木縦走(2008.8.2-3)298
針ノ木縦走(2008.8.2-3)300
写真10、11、12、13、14、15、16(上から)


針ノ木峠から約1時間で針ノ木岳(2821m)に到着。
まずまずの天気が続いてくれています。
大天井岳~槍穂高連峰~鷲羽岳~水晶岳~赤牛岳辺り、手前には
野口五郎岳も見えていますね。
針ノ木縦走(2008.8.2-3)305
写真17


最近、すっかりパノラマ合成写真にはまってしまいました。
これは、槍(左側)~立山・剱岳、眼下には黒部湖
針ノ木縦走(2008.8.2-3)309
写真18


明日歩く予定の針ノ木~種池の縦走コース
手前にデッカクみえるのはスバリ岳(2752m)
針ノ木縦走(2008.8.2-3)311
写真19


立山・剱岳を入れて、明日の縦走コースをパノラマ合成すると、こんな感じ
やあ、いいですね、パノラマ合成
針ノ木縦走(2008.8.2-3)313
写真20


針ノ木岳からの今回のルートの全景のパノラマ写真
扇沢~大雪渓~針ノ木峠~蓮華岳、明日歩くコースの稜線、その先には
鹿島槍・五竜まで見えます。
針ノ木縦走(2008.8.2-3)318
写真21


約1時間、針ノ木岳の山頂でまったり。
さて、時間もまだまだ十分あるので、針ノ木峠まで戻り、目の前にでっかく
見える蓮華岳(2799m)に行ってみましょう。 
ここは展望狙いではなくて、あの花狙いですね。
針ノ木縦走(2008.8.2-3)334
写真23


下山途中の花
針ノ木縦走(2008.8.2-3)333
針ノ木縦走(2008.8.2-3)335
写真24、25(上から)


針ノ木峠に下りる途中から、針ノ岳とスバリ岳を振り返る
手前のチングルマのお花畑がいいアクセントになっていますね。
針ノ木縦走(2008.8.2-3)343
写真26


針ノ峠を通過して、蓮華岳に向かっていますが、この蓮華岳への稜線も
これぞ北アルプスの夏山と言う雰囲気が出ていてなかなかでしょう。
針ノ木縦走(2008.8.2-3)370
写真27


蓮華岳での狙いの花はもちろんコマクサですが、コマクサ以外の花も
たくさん出迎えてくれました。
蓮華岳は今回が2回目ですが、1回目はコマクサ以外は記憶にないので、
とても新鮮。
針ノ木縦走(2008.8.2-3)371
針ノ木縦走(2008.8.2-3)372
針ノ木縦走(2008.8.2-3)374
針ノ木縦走(2008.8.2-3)375
針ノ木縦走(2008.8.2-3)376
針ノ木縦走(2008.8.2-3)377
針ノ木縦走(2008.8.2-3)379
針ノ木縦走(2008.8.2-3)380
写真28、29、30、31、32、33、34,35(上から)


花を眺めながら、のんびり歩いて、蓮華岳(2799m)、午後1時に到着。
これが今年新しくなった山頂の道標ですね。
針ノ木縦走(2008.8.2-3)382
写真36


はい、ここでもパノラマ合成写真炸裂です。
船窪山~蓮華岳。
針ノ木縦走(2008.8.2-3)384
写真37


そして、こちらが明日歩く予定の針ノ木岳~種池の稜線
明日越えなければならない5つの山 針ノ木岳、スバリ岳、赤沢岳、鳴沢岳、
岩小屋沢岳がみえます。
ここを歩くのは、今回で3回目ですが、さて今回はどんな展望を見せてくれる
か楽しみです。
過去2回は天気が今一つで、一応絶景だったかもしれませんが、私的には
不満が残る絶景でしたので、今回は期待しています。
針ノ木縦走(2008.8.2-3)393
写真38


針ノ木峠に戻ります。
針ノ木小屋が狭い峠にへばりついているのがよく分かりますね。
針ノ木縦走(2008.8.2-3)399
写真39


針ノ木峠に戻ったのが午後2時過ぎ。
これから夕食まではマッタリタイム。
たまにはクラシックを聞きながらぼーっとするのもいいかなと、今日は
ウォークマンにクラシックをかなり取り込んで来ました。
少しガスが出てきて見えづらくなった槍穂を眺めながら
「ショルティ指揮シカゴ交響楽団のマーラー交響曲1番」
「ズービンメータ指揮ニューヨークフィルのベルリオーズ幻想交響曲」
「グレングールド(ピアノ独奏)のバッハゴールドベルグ変奏曲」
を聞きながらまったり。
と言っても、ヘッドフォンで大音量で聞くので、クラシックもロック的な感覚で
聴いていますが。
グレングールドは1曲で51分あるので、途中から意識が無くなりどこまで
聞いたのか記憶がございません(笑)。

明日は2時起き、4時出発が目標なので、午後7時にはGo to寝袋。



2日目の記事は→こちら







  1. 2008/08/02(土) 21:25:15|
  2. 北アルプス後立山連峰
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。