稜線の風を感じて

日帰りで針ノ木岳(2820m)へ 

針ノ木岳(20080928)113b

2008.9.28(日)
テント泊山行きは8月の夏休み以来中断中(殆ど天候不順で)。
この週末、寒気が来て場所によっては厳しいところもあった模様ですが行こうと思えばテント泊で行けたんだけどな。
でも、こういうときに限って土曜日が休出(期末の棚卸で)。

ということで本日、日帰りで北アルプス針ノ木岳へ。
過去、針ノ木縦走でここには3回来ていますが、日帰りで、秋のこの時期に登るのは初めて。 
ちょっぴり楽しみ。 これまでは大雪渓歩きの初夏~盛夏ばかりでしたので。

金曜日、土曜日辺りの天気予報だと、本日はピーカン予報。
しかし、前日になって晴れ後曇りへ。そして当日は曇りへ。
明らかに天気は悪化の傾向でしたが、まずまずの天気で、展望に恵まれました。
2008.9.28(日)
はりのきだけ 2820m
ルート:扇沢~針ノ木峠(針ノ木小屋)~針ノ木岳(往復)

先週の爺ケ岳での予想外の好天に気を良くして今週もやってきました 扇沢。
八方尾根から唐松岳も候補でしたが、リフト代がかからなくて、この時期に行った
ことのない針ノ木岳を選択。

前日の9月27日(土)の夜に扇沢入りして車中泊。
車の中で夏シュラフでしたが寒い、寒すぎる。 やはりこの時期にしては相当気温
が下がっていたみたいですね。

ヘッデンをつけて歩くつもりはなかったので、明るくなってから行動開始。
明るくなりすぎた5時50分に登山口を出発。 
もう少し早くてもよかったけど、例によってグズグズして、出発が遅れました。
針ノ木岳(2008.9.28)001★



扇沢付近から眺める針ノ木の稜線
はっきりと見えてはいるけれど、青空がありません。
やっぱり、崩れる方向か?
針ノ木岳(2008.9.28)004★



登る途中、左手にあった滝
4度目にして初めて気付いた滝! 小振りですが。
針ノ木岳(2008.9.28)011★



夏だとこの辺りが大雪渓の末端ですが、もう完全に雪は溶けていますね。
かなり上の方にちょっとだけ雪渓が見えます。
この季節は雪渓を歩くことはなく、ここからは夏道(秋道?)を進みます。
針ノ木岳(2008.9.28)013★



夏あれだけ残っていた雪渓も今はこの状態
これじゃ雪渓の上はとても歩けませんね。 左側に夏道(秋道)があります。
ノドと言われる狭くて急登部分は
「雪渓通行不可 上部のクレバスあり!左岸(対岸)の高巻ルートを利用下さい」
とあり、途中から右側に渡り、高巻きルートを進みます。
針ノ木岳(2008.9.28)019★



しかし、急に冷え込ん斜面の岩が不安定になったんでしょうか?
やたらにあっちでゴロゴロ、こっちでゴロゴロと落石が続きます。
幸い、登山道への落石は小石程度でしたが、登山道以外では、こぶし程度の
石が結構落ちていました。 おお怖っ!
こぶし程度の大きさでも、当たり所が悪ければ重傷になりかねないので、
やばそうなところは速やかに通過します。
登ってきたルートがほぼ見渡せるところまで登って来ました。
針ノ木~種池の稜線、爺ケ岳、右奥には鹿島槍も見えますね。
さらに後方には何やら白いものが。
針ノ木岳(2008.9.28)050★



五竜岳~白馬三山辺りは真っ白です。
土曜日に高い山では雪が降ったんですね。
針ノ木岳(2008.9.28)051★



針ノ木小屋がある針ノ木峠に到着。
時間は9時少し前。 扇沢の登山口から3時間ちょい。 まずまずのペース。
曇り空ながらも絶景が広がっていました。
針ノ木~種池の稜線、爺ケ岳、鹿島槍、さらに奥には白馬三山もまだバッチリ
見えています。
青空があるともっと素晴らしい絶景だったんでしょうけれど。チト残念。
針ノ木岳(2008.9.28)053★



こちらは針ノ木小屋からの槍ヶ岳、裏銀座の山々。
右端は薬師岳か?、赤牛か?
針ノ木岳(2008.9.28)057★



天気が崩れない内に針ノ木岳の山頂に行きたいので、針ノ木峠(針ノ木小屋)
での休憩は10分程度で切り上げ、山頂を目指します。
針ノ木岳(2008.9.28)061★



針ノ木岳への登りの途中から本日のパノラマ合成写真第1弾
素晴らしい稜線ですね。今年は8月初めにこの稜線を既に歩いているので、
今回は眺めるだけ。
★写真クリックで拡大します!
針ノ木岳(2008.9.28)075★



そして振り返ると蓮華岳がドーンと。秋の色がなかなかいい感じ。
針ノ木岳(2008.9.28)091★



針ノ木岳の頂上です。 標高は2820m。
時間は10時過ぎ。 扇沢の登山口出発が5時50分なので、ここまでの所要時間
は約4時間15分。
日帰りで来たのは今回が初めてでしたが、十分日帰り圏内の山ですね。
完璧な360度の大展望です。
針ノ木岳(2008.9.28)093★



さあ、行きますよ、針ノ木岳山頂からの絶景シリーズ!
こちらは槍ヶ岳~裏銀座の山々、手前は船窪山?
今年、いつもは眺めるだけで終わっていた槍ヶ岳に4年ぶりに登りました。
遠くから眺めてもよし、登ってもよし、素晴らしい山です。
針ノ木岳(2008.9.28)095★



こちらは、スバリ岳とその先の稜線
鹿島槍、五竜、白馬まで丸見え。
針ノ木岳(2008.9.28)097★



黒部湖を眼下に、立山・剱岳連峰を眺められるのはこのエリアだけ?
立山・剱岳は今後も眺めるだけの山になりそうです。
針ノ木岳(2008.9.28)098★



もちろん蓮華岳方面もバッチリでした
針ノ木岳(2008.9.28)099★



遠くには八ケ岳、富士山、南アルプスも(ちいさいけどね)
目を凝らさないと富士山は見えません。
針ノ木岳(2008.9.28)103★



パノラマ合成、第2弾 行きます
槍~立山・剱岳
★写真クリックで拡大します!
針ノ木岳(2008.9.28)104★槍~剱



はい、こちらは立山・剱岳から白馬方面 パノラマ合成 第3弾
太陽光が足りないからか、ピントがいまひとつ
★写真クリックで拡大します!
針ノ木岳(2008.9.28)105★立山剱~白馬三山



針ノ木稜線~登ってきたルート~蓮華岳 パノラマ合成 第4弾
パノラマ合成、実に素晴らしい。
★写真クリックで拡大しますよ!
針ノ木岳(2008.9.28)111★



山頂滞在時間は約30分。
長めの休憩は途中の針ノ木小屋まで下りてからと思っていたので、山頂では
写真タイムのみ。
下山します。時間は10時30分
針ノ木峠に下りる途中の針ノ木~白馬三山に続く稜線。
今年、この景色を見るのはこれで終わりでしょう。 パノラマ合成 第5弾
来年、再びここを歩けるかな?
★写真クリックで拡大しますよ!
針ノ木岳(2008.9.28)124★



これも針ノ木峠に下りる途中の針ノ木岳とスバリ岳
何度見てもいい景色です。 しかも、初めて見る秋の色もいい感じ。
針ノ木岳(2008.9.28)129★



針ノ木小屋で昨日沸かしてきたお湯で温めのドリップ珈琲で20分ほど休憩
天気が崩れそうだったので、バーナーでお湯を沸かすのもパス。
下山開始です。時間は11時半。
針ノ木岳(2008.9.28)141★


午後2時過ぎ、扇沢の登山口着。
本日の休憩を含む行動タイム8時間ちょい。

今回初めて日帰りで針ノ木岳に来ましたが、十分日帰り圏内の山でしたね。
コースタイム的には柏原新道から爺ケ岳(中央峰)に登るのとほぼ同じかな。
少し早めに出発すれば、蓮華岳も回って日帰りできそうです。

針ノ木岳の山頂からの360度の大展望は一級品です。
まぼろしの深田百名山。 百名山の資格十分な素晴らしい山でした。
手抜きレポも書いたし、これで気兼ねなく来週はテント担いで絶景ポイントに
行けそうです。

  1. 2008/09/28(日) 21:38:30|
  2. 北アルプス後立山連峰