稜線の風を感じて

やっとこさ明覚山に行けたよ、新規開拓の里山です

20081121110722b.jpg

気にはなっていた里山ですが、ついつい後回しになって行けていませんでしたが、今回やっと行けました。
でも、この時期に登るには少し怖い山でもありました。
1000mにも満たない里山なのに。


みょうかくさん 957.8m 須坂市
ルート:吉向焼釜跡P~登山口~鎌田山~古城跡~坂田山~明覚山(往復)
天気:晴れ~曇り(下山途中から雪)

お初の山って、どんな道なのか、どんな景色が見えるのか楽しみですね。
でも今日は天気がいま一つなので、ルートを確認するだけで終わりそう。

登山口の駐車場は吉向(きっこう)焼釜跡P
前回の雁田山の帰りに場所は確認していたので、迷うことなく今日は余裕。
駐車場からダイレクトにコース途中に出るコースもあるようですが、駐車場
から約200m離れた尾根の先端部分の登山口から登ることにします。
登山口へのアプローチ道もなかなかいい感じでしょう。 
下山後に発見しましたが、この道「花の山 もみじの道」と言う名の道でした。
明覚山(2008.11.19)008★ 写真1


ここが登山口 まず鎌田山(かんだやま)を目指します。
登山口までは駐車場から数分です
明覚山(2008.11.19)010★ 写真2


登山口周辺の紅葉まだキレイでした
明覚山(2008.11.19)013★ 写真3


普通のあるふれた道がこの時期は輝いていますね
明覚山(2008.11.19)014★ 写真4


この心地よいこの道にも名前が付けられていました
「松の木洩れ日の径」
明覚山(2008.11.19)015★ 写真5


「松の木洩れ日の径」をテクテク登ります。
こんないい感じの山が近くにあったなんて!
明覚山(2008.11.19)017★ 写真6


見た目は紅葉のピークのように見えますが、終わりかけですね。
でもキレイ
明覚山(2008.11.19)021★ 写真7


最初のピークであり、展望適地でもある「鎌田山」に到着。
駐車場からだと僅か17分、登山口からだと14分。
登山というよりお気軽ハイキングコースでした。
明覚山(2008.11.19)024★ 写真8


でも、展望は最高に良さそうです山です。
晴れていたら、北信五岳と北アルプスが一望できそう。
本格的な登山は嫌だけど、絶景を見たいならここでしょう。
明覚山(2008.11.19)025★ 写真9


鎌田山からは一旦下ります。
途中(釜田山から5分程度)で駐車場からの林道と合流します。
下りたところが「和合峠」
ここには立派な東屋があります。
明覚山(2008.11.19)036★ 写真10


イロハモミジ?のトンネル
明覚山(2008.11.19)041★イロハモミジ 写真11


さて、ここから尾根の縦走へ
入口に趣きのある「尾根縦走コース入口」の案内あり。
明覚山(2008.11.19)044★ 写真12


ここはかなり急登です。
ここを登らずに、右方向の遊歩道コースを少し(2分程度)進むと左手にも
縦走コースの入口があり、同じところに出ます(下山時に確認)。
明覚山(2008.11.19)045★ 写真13


時々落葉で滑りながら、ルートも少し不明瞭で木の枝につけられたテープが
頼りのコースをエッチラオッチラ進むと「古城跡」。
縦走コース入口から約20分程度。
明覚山(2008.11.19)051★ 写真14


この先は快適尾根コース でも斜度がキツイところは落葉で滑りまくり。
登りでこれだけ滑るということは、下りは嫌な感じ。
明覚山(2008.11.19)056★ 写真15


「坂田山に到着 ここが天徳寺からのルートと鎌田山からのルートの合流点
駐車場から約1時間半
ここも北信五岳と北アルプスの大展望がありそうですが、今日は無理
明覚山(2008.11.19)060★ 写真16


坂田山からの展望も無いし、休憩取ることなく先に進みます。
この先も快適な尾根道ですが、やはり落葉の量が相当あって、急な登り
の場所は滑りまくる。
ルートも所々不明瞭ですが、尾根から外れないように注意して、テープも
確認しながら行けば大丈夫。
明覚山(2008.11.19)062★ 写真17


そんなこんなで「明覚山」の山頂らしき場所に到着。
明覚山(2008.11.19)065★ 写真18


ここが本当に山頂?と思ったが、三角点に置かれた石に「明覚山957.8」
とあったので、ここが明覚山みたいですね。
残念ながら山頂は樹林帯越しに少ししあるだけ。
事前にこの山頂は展望が無いことを確認して登ってきているのでショックは
ありません。 このコースは途中の鎌田山と坂田山が展望ポイント。
明覚山(2008.11.19)066★ 写真19


山頂で、ドリップ珈琲とパンで休憩
実はこの先に、この山の最高点980mのピークがあるようですが、天気も
いま一つだし、ここ以上の展望があるわけでも無さそうなので、今日は
やめておきます。


さて、下山です。
大量の落葉の急斜面を下山する恐怖の始まり始まり!
明覚山(2008.11.19)076★ 写真20


坂田山からの展望 
晴れていたら絶景だったでしょうね。
明覚山(2008.11.19)071坂田山 写真21


落葉で尻セードも尻餅も楽しんだし(もちろん本人の意思ではありません)、
この時期はちょっと恐ろしいコースでした。
尻餅ついた回数は何と下山時で10回ぐらい。 ここは滑るぞ!と言い聞かせ
ながら突入していって尻餅をつくんだからどうしようもありません。
山でこんなに転んだのは初めての体験。1000mにも満たない里山なのにね。



鎌田山周辺の安全地帯まで下りてきました。
ここからは紅葉を楽しみます。
再び「松の木洩れ日の径」
明覚山(2008.11.19)096★ 写真23


登山口から駐車場に向かう道「花の山 もみじの道」
明覚山(2008.11.19)100★ 写真24


ここを散歩するだけでも心地よい感じ
明覚山(2008.11.19)102★ 写真25


はい、駐車場まで戻ってきました。
明覚山(2008.11.19)103★ 写真26


里山がまた一つ開拓出来ました。
でも、残念ながら、本日は天気がいま一つで若干消化不良ですね。
また天気が良い日を選んでくることにしましょう。

今朝は平地でもちょっとだけ雪が積もるなんて予報だったんですが、積雪
は全くなくて、肩透かしを食らいました。 でも雪が無かったお陰で、里山
の紅葉を楽しめたので良ししないとね。




  1. 2008/11/19(水) 23:00:00|
  2. 長野周辺の山々