稜線の風を感じて

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

トレース盗んだのに途中で断念 高社山(1351m) #05

高社山(20090125)074b

こうしゃさん(中野市) 
今シーズン最強の寒波襲来とかでかなり覚悟していましたが、長野北部は全く雪降らず。
雪かきは今シーズン、これまでに1回のみ(しかも10cm程度の)。
本日は崩れると思いきや、まずまずの好天。
天気もいいことだし、この時期に登ったことのない、高社山へ。


★地元の方は「たかやしろ」とか「高井富士」とか呼んでいるようです。
厳冬期の高社山を赤岩ルートで行くのは初めて!
登山口は長野北部の豪雪地帯で有名な飯山中野地方で、稜線上に
おっかない雪庇(せっぴ)が出来るルートなので、避けていました。
過去、滑落して亡くなった方もいるルートだし。

でも、本日は市内のあるグループがスノーシューで同じルートを朝駆け
トレイルランするのを事前に把握していたので、私はちょっと出発を
遅らせ、トレースを利用させて頂き(泥棒とも言う)、山頂を目指すことに。


登山口出発は9時40分
市内の朝駆け隊は6時半頃出発し10時には下山してくる予定。
登山口の駐車場には朝駆け隊のものと思われるクルマが6台程止まって
いました。

登り始めて、最初の感想は「雪少なっ!」 しばらくツボ足で進みます。
確かに長野市内は雪は全く積もっていないけれど、豪雪地帯のここは
それなりに雪があるだろうと想像していただけに、ちょっと意外。
最近の寒気団はどうも長野県に雪降らせませんね。 お陰で雪カキしなくて
済むので生活は助かりますが。
高社山(2009.1.25)004
写真1


10時頃からスノーシューで走って下りてくる朝駆け登山隊と遭遇
この方達はスノーシューでトレイルランの人たちなので、下りは走って
下りてきます。 こんなことやったら、私は骨折だな。
高社山(2009.1.25)007
写真2


少し登ると北信五岳の展望が開ける場所があります。
いつもの雁田山からだと、斑尾山だけが離れていますが、ここからだと
右端の斑尾山の後に妙高山がある位置関係。
ここなら、斑尾山を入れて北信五岳ですね。
写真小さくて分かりづらいかな。 
高社山(2009.1.25)013
写真3


徐々に雪が増えて、途中の薬師如来辺りでスノーシューを装着
それでも、この辺りは10cm程度しかありませんが。
高社山(2009.1.25)015
写真4


尾根登りのベンチがある観音菩薩のあるところからの高社山方面
見えているピークは西峰で山頂の東峰は隠れて見えません。
高社山(2009.1.25)020
写真5


いい感じに雪も増えてきました。もうちょっとで稜線。
高社山(2009.1.25)030
写真6


「胴結場」という名前のついた稜線広場に到着
ここまでは危ないところもなく雪山ハイキング
広場はスノーシューの跡だらけですね。
さて、ここでパンとドリップ珈琲で休憩しながら、この先に進むか思案。
スノーシューのトレースは8人が歩いたという程のものではありませんが、
一応あるみたい。
高社山(2009.1.25)035
写真7


稜線広場からの高社山方面
高社山(2009.1.25)037
写真8


志賀高原の横手山(左)から四阿山・根子岳(右側)の遠望
高社山(2009.1.25)038
写真9


稜線広場にある、もう一つの下山ルート「赤岩口 下山近道」の標識
これから判断して、ここの積雪は50cm程度だと思います。
この時期にしては少ないと思います。
高社山(2009.1.25)047
写真10


実は、稜線広場まではハイキングとは言え、私の足はちょっとつり気味。
最近、スクワットも全くやっていないし。
若干心配はあるけれど、休憩したし、もう少し行ってみることに。
高社山(2009.1.25)050
写真11


霧氷が面白い形になっていたのでパシャ!
板状になって枝にしがみついていました。
高社山(2009.1.25)060
写真12


木の先っちょが霧氷になっている稜線コース 青空に映えてキレイです。
高社山(2009.1.25)071
写真13


この先、雪庇(せっぴ)が発達して危ないポイントが現れるはずですが、
雪が少ないので今のところ大したことありません。
高社山(2009.1.25)074
写真14


天狗岩が目の前に見えるポイント
今回はここで引き返します。 またまた足がヘンなので。
山頂が1351mなので、ここは1200m付近でしょう。
カラダ鍛えなおして出直しですね。
高社山(2009.1.25)075
写真15


ピークは踏めないけれど、やぐらのある山頂をズームで捉えておきます。
高社山(2009.1.25)083
写真16


霧氷のトンネルを通って下山
高社山(2009.1.25)093
写真17


霧氷の花 キレイですね
高社山(2009.1.25)101
写真18


途中までスノーシューで下山。
高社山は今回で最後になるかもしれません。
お世話になりました。

  1. 2009/01/25(日) 23:00:00|
  2. 長野周辺の山々
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。