稜線の風を感じて

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

雪のない若穂太郎山(996.9m) #09

若穂太郎山(2009029)049カモちゃん
「これより先、上級者コース」なんて看板もあったりして(少し大げさかな)、
雪のある時期は避けていた若穂太郎山ですが、今年は雪も少ないし、大丈夫だろうと判断して登って来ました。
カモシカ君との出会いがありました。

ルート:天王山登山口~城ノ峰~こしき岩~山頂(往復)
天気:薄日指す程度の晴れ(午後から曇りの予報)

登山口から10分も歩けば功霊殿
僅か10分ですが、ここから北アルプスと北信五岳の展望が開けます。
でも今日は天気がいま一つ
こちらは右から五竜岳、鹿島槍ケ岳、爺ケ岳~針ノ木岳~蓮華岳
(ここからだと手前の里山がジャマして白馬三山は見えず)
若穂太郎山004
写真1


北信五岳(右方向にある斑尾山は写っていません)
若穂太郎山007
写真2


先に進みます
雪は全くありません。 完全に新緑前の春の景色ですね。
若穂太郎山010
写真3


エッチラオッチラ登ります。
上級者コースになっているところにも雪は全くなく通過。
途中の展望適地「城ノ峰」からの展望はパス。
そんなこんなで大展望台の「こしき岩」に到着。
若穂太郎山031
写真4


ここに来たらやっぱりよじ登らないとね。
これは歩いて来た尾根ルート あの先端部分から登ってきたんですね。
若穂太郎山033
写真5


北信五岳 今回は右端に斑尾山の写っていますよ
若穂太郎山034
写真6


こちらは北アルプスの全景
若穂太郎山035北ア全景
写真7


ここまで登って来ると、手前の里山の後方に見える白馬三山
若穂太郎山036
写真8


後立三山(右から唐松岳、五竜岳、鹿島槍ケ岳)
若穂太郎山038後立三山
写真9


爺ケ岳(右)~針ノ木岳への稜線、左は蓮華岳
天気がいま一つ(明るさが足りず)で、写真も全然ダメですね。
でも、これだけ見えるだけでも幸せと思わないといけませんね。
若穂太郎山040蓮華・針・爺
写真10


「こしき岩」後にして、山頂を目指します。
すると、ガサガサと音が。
今回も会えたね! カモシカのカモちゃんです(勝手に命名)
若穂太郎山048カモちゃん
写真11


今回はかなりの距離を挟んでにらみ合いでしたが、
1500万画素の4倍ズームで撮影して、トリミングしてこの写真
ああ、行っちゃうのね。
接近を試みたら、逃げられちゃった。また会えるといいね。
若穂太郎山049カモちゃん
写真12


カモちゃんとバイバイして、山頂へ
ちょっとだけ残雪がありますが、全く問題にならず。
若穂太郎山052
写真13


山頂直下の急登部分 滑りやすいところ
高い雪がところどころにありますが、出来るだけ土の部分を歩いて
滑らないように注意して登ります。
若穂太郎山058
写真14


山頂到着
若穂太郎山059山頂着
写真15


山頂からは北信五岳から北の展望が開けています
(北アルプス方面は見えず)
若穂太郎山067山頂から
写真16


あとは同じ道をテクテク下山。


若穂太郎山は家から登山口まで約8K
天気が悪いながらもまずまずの展望だったし、カモちゃんとも会えたし。
冷たい空気の中ですがすがしい3時間ちょいの里山歩きが出来ました。

  1. 2009/02/09(月) 23:00:00|
  2. 長野周辺の山々
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。