稜線の風を感じて

ミヤマキリシマコースの下見 大船山と平治岳 #14

大船・平治(20090403)021b

今年の大きな楽しみの一つがミヤマキリシマのお花畑
くじゅう連山のあちこっちに咲くようですが、中でも最も美しいのが大船山~平治岳付近らしい。
いきなりミヤマキリシマの開花時期の6月上旬に行くのも何なので今回下見を兼ねて歩いてきました。
大船山(たいせんざん)・平治岳(ひいじだけ)を両方を歩くと結構なロングコースでした。

ルート:
長者原~雨ケ池越~坊ガツル~大船山~北大船山~大戸越~平治岳
 ~大戸越~坊ガツル~雨ケ池越~長者原
天気:曇り

長者原(ちょうじゃばる)のくじゅう登山口から出発
野焼きが行われた直後みたい
大船山・平治岳003
写真1


九州自然歩道を通って、まずは雨ケ池越
大船山・平治岳006
写真2


ここが雨ケ池
名前の通り、まとまった雨が降ったあとに池が出来るようです
大船山・平治岳018
写真3


雨ケ池越(あまがいけごし)を越えると本日登る予定の
平治岳(左側)と大船山(右側)が見えてきます
大船山・平治岳021
写真4


坊ガツルに下り、法華院温泉には向かわず大船山・平治岳の登山口へ
今日はゆっくりする余裕は無さそうなので、先を急ぎます
大船山・平治岳032
写真5


坊ガツルキャンプ場を通過して、大船山・平治岳の登山口
長者原からここまで約2時間。
日帰りの山を一つ登ったと同じぐらいの所要時間と感覚。
本日は、まず大船山に登り、大船山から平治岳に縦走し戻ってくる予定
なので、右の大船山へ向かいます
大船山・平治岳042
写真6


前半は樹林帯の歩き。 部分的にぬかるんでいてちょっと歩きづらい。
でも、これぐらいのぬかるみは今思えば屁の河童(piece of cake)でした。
高度を稼ぎ火山群オールスターズが見えるポイントまで上がってきました。
左から中岳、天狗ケ城、星生山、硫黄山、三俣山辺りが見えています。
久住山は手前の中岳の後ろで、ここからは見えませんね。
大船山・平治岳047
写真7


ちょっと足にきてヘロヘロになりつつ、何とか稜線まで登りつめました。
大船山の登山口から約1時間10分。
時間の割りには長く感じました。
ここは「段原(だんばる)」。 この地域は「原」を「はる」と読むようです。
ここまで来れば、大船山まではもうひと頑張り。
先に見えているピークが大船山です。
大船山・平治岳051
写真8


段原から約20分で大船山の山頂 1786m
九州本土第2の高峰(第1は同じくじゅう連山の中岳)
大船山・平治岳062
写真9


山頂からの展望
紅葉の時期はキレイだろうなと思う斜面
大船山・平治岳063
写真10


山頂からの火山群オールスターズ
右側中央が坊ガツル、あそこから登ってきたんですね。
ここからだと、中岳の左後方に久住山、左側に稲星山も見えますね。
大船山・平治岳065
写真11


山頂から南東の直下には「御池(おいけ)」。昔の噴火口の跡。
ここも紅葉時はキレイかも。
大船山・平治岳069
写真12


ドリップ珈琲休憩を含め、山頂滞在は約30分
今日は長丁場になりそうなので、休憩もそこそこにして先へ。
段原まで戻り、平治岳を目指します。
右側の大きなすり鉢状の穴が「米窪」の噴火口跡。
奥の比較的平なところも「段原火口原」という噴火口の跡みたい。
大船山・平治岳078
写真13


北大船山(1706m)を通過して、一旦大きく下ります。
大船山・平治岳091
写真14


この北大船山~大戸越(おおとごし)が超ドロドロ、ぬかるみで大変でした。
火山地域は土の水はけの悪いんでしょうね。4万円の登山靴で歩きながら、
このエリアは比較的安めの登山靴で来るべきなのかもと考えていました。
大船山・平治岳095
写真15


大きく下りたところが「大戸越」。
ここから登り返したところが平治岳。 里山をもう一回登る感じ。
大船山・平治岳096
写真16


さて最後の登りに行きますかと言い聞かせていると、突然ワンちゃん登場。
「ボクの名前は“まる”。男池(おいけ)から母さんと一緒に登ってきたん
だけど、ボク、四輪駆動だし、軽いし、母さんより早く着いちゃったんだ」
と言うので、
私「じゃあ、平治岳まで一緒に登るかい? 母さんは後で来るだろうし。」
大船山・平治岳098
写真17


この後は“まるちゃん”が先導する形で平治岳の山頂へ向かいます。
(まる母さんが、後ろから来ているのを確認して)
ロープがある岩場もヒョイと登っていく“まるちゃん”。
「早く登ってきなよ」とせかされる。
大船山・平治岳109
写真18


平治岳へ登る途中のこの辺り、手前にミヤマキリシマ、背後に
火山群オールスターズの撮影ポイントかも?
大船山・平治岳112
写真19


平治岳の南峰到着。大戸越から25分程度。
まるちゃんが、南峰の岩の上でモデルになってくれました。
大船山・平治岳116
写真20


この辺りも真っピンクのミヤマキリシマの雰囲気 6月上旬が楽しみですね。
大船山・平治岳118
写真21


平治岳の山頂 1643m
山頂で母さんを待つ“まるちゃん”
大船山・平治岳119
写真22


少し遅れて、まる母さんが登って来ました。
平治岳は初めてなので、いろいろと情報を、まる母さんから入手。
6月上旬のミヤマキリシマ開花時期の平治岳は恐ろしく混雑するようです。
あのでかい長者原の駐車場で、クルマが路上にも溢れるぐらいの混み様とか。
ぬかるんだ道と人の多さで、かなりの試練になりそうですね。
でも、これを克服して来ないことには、真っピンクの世界はないわけですから、
頑張って来るしかありません。
ところで、まる母さんは、先日の三俣山(みまたやま)の山火事(3月21日)
の際に、山に登られていたようで、燃える三俣山を眺めていたようです。 
デジカメの写真を見せて頂きました。


平治岳の山頂でドリップ珈琲休憩を含め40分まったり。
下山します。下山は下り専用ルートで。 混雑解消のため、上り下りで
ルートが違います。
ただ、下り専用ルートはかなり急で、しかも柔らかい土と小石がゴロゴロで
歩いて下りるという感じではなく、滑って下りたような感じ。 踏ん張りも
効きません。 
人が溢れかえるミヤマキリシマのシーズン、ここを下りるのは恐怖かも。
大船山・平治岳124
写真23


大戸越から坊ガツルに下りる道も水はけの悪そうな黒い土で超ぬかるみ。
途中、何だろうこの看板と思いながら下山しておりました。
大船山・平治岳125
写真24


ぬかるみ対策で、登山者に石を運んでもらって登山道に置いてもらって
いるんですね。
ここを歩くのは初めてで、しかも下山で使ったので、こんな仕組みに
なっているとは露知らず、歩いておりました。 次回、ここから登る時は
協力しなきゃ。
大船山・平治岳130
写真25


坊ガツルまで下りてきました。目の前には三俣山。
大船山・平治岳132
写真26


坊ガツルから雨ケ池越を通過して長者原へ
大船山・平治岳136
写真27


雨ケ池と長者原の間で発見した「まんさく」の花。
お初にお目にかかります。登る途中に発見したんだけれど、ピンボケ
だったので、帰りにもう一度撮影。
信州で山で一番先に咲く花として、良く見かけた「だんこうばい(壇香梅)」や
「アブラチャン(油瀝青)」みたいな感じの花かな?
大船山・平治岳143
写真28


長者原~大船山~平治岳は結構なロングコースでした。
7時30分に長者原を出発して、戻ってきたのが16時15分。
全所要時間8時間45分、大船山で約30分、平治岳で約40分休憩した
ので、歩いていた時間は約7時間半。
夏なら雷雨が怖いのでこんな歩き方はしませんが、この時期ならOKかな。
6月上旬のミヤマキリシマ楽しみですね。 
どんな混雑具合になるのかも、今はちょっと楽しみ。
  1. 2009/04/03(金) 23:40:00|
  2. くじゅう連山