稜線の風を感じて

久住山の東稜でご来光 #3

久住(20100117) 042

久住(20100117) 040

土曜もまずまずの天気だけれど、日曜日の方がさらに良いと判断して日曜日に山の予定を入れた。
ただ先日のまとまった雪を期待するなら土曜日だったんだけど、天気を取った。
日曜日の長者原キャンプ場の天気予報(Weathernews)とにらめっこしていると、3時間毎の予報で早朝から夕方まで晴れマークが並ぶ。 
こりゃ滅多にない絶好の朝駆け日和かも!?
当日朝くじゅう入りを急遽変更し、前日夜に牧ノ戸峠入り、極寒の中、車中泊。
大昔に買った化繊の2000m級の冬山対応寝袋とウォームアップシーツを持ち込んだ。
最初はぬくぬくだったが、やはり徐々に寒くなった。でもギリギリ我慢出来る寒さ。
若干の余裕を見て午前4時43分に牧ノ戸峠から入山。
前回は中岳での朝駆け(結果は今ひとつ)、今回は久住山の東稜にて太陽を拝めさせて頂くことに。
朝駆けポイントは天狗ケ城か中岳がメジャーのようですが、狭い山頂で人が多いとプロのカメラマンに迷惑をかけそうだったので、広い久住山の東稜を選定。
東稜には6時37分到着。すでに東の空はオレンジ色に染まっていた。
雪はもうちょっと残っていると思っていましたが、かなり少なめ。

牧ノ戸峠P~久住山(東稜~山頂)~御池~中岳~天狗ケ城~星生山~P
くじゅう連山での2回目の朝駆けでした。ご来光は雲が少しあるともっと良かったけどね(ポツリ)。
  1. 2010/01/17(日) 23:00:00|
  2. くじゅう連山