稜線の風を感じて

飯綱山(1917m)南登山道

飯綱山(20060219)027b
2006.2.19
日帰り、晴れ
ルート:登山口P~山頂~登山口P(南登山道)
途中積雪期の直登コースあり

残雪いっぱいの飯綱山に登ってきました。
スノーシューの出番もあり、ついでに12本爪アイゼンもちょっとだけ
付けてみました。

早く起きるつもりだったが、結局7時に起きて準備。
腰もまだ少し痛い。
この時期、登れる山が限られます。本当はたくさんあるはずなのに、
ついついメジャーな山を選んでしまって積雪期に登れる里山を開拓
していないので、自業自得か。
この時期だけは関西に戻りたい気分。

登山口近く。結構雪の残ってますね。硬く締まった雪で前回とは
大違い。八ケ岳の渋の湯と黒百合の登山道の感じ。
前回(1/9)は新雪が多く苦労したが、以降まとまった雪
も降らず、雨も降り、気温も上がることも多かったので意外。
20060219222511.jpg


北アルプスの展望があるところまで登るとこの景色。
天気は悪化方向だったが、もってくれた。
20060219222757.jpg


南ピークから山頂方面。雪は2m近くある感じ。
南ピークにある神社は完全に雪の下で見えず。
20060219222938.jpg


山頂。スノーシューを担いできたが、無しでも歩ける。
でもせっかくだから稜線上で、トレースのない所で遊んでみました。
20060219223115.jpg


山頂付近から高妻山。昨年ロングコースで苦労した山。
いい眺めだ。
20060219223237.jpg


同じく山頂付近から黒姫山(手前)と後ろの妙高山
妙高も昨年登ったが天気に恵まれず、今年こそはいい天気の日に
登らなければ。
20060219223506.jpg


下山途中の急な下り部分で12本爪アイゼン付けてみました。
まあ、無くても大丈夫だけど。
締め方を忘れてしまいそうだったので。これを八ケ岳で使うチャンス
はあるのだろうか。

しかし、この時期、オフピステをすべるスキーヤーの多いこと。
歩いて登る人以上と同じぐらいの人数だ。
  1. 2006/02/19(日) 22:38:30|
  2. 長野周辺の山々