稜線の風を感じて

久しぶりの山歩 スガモリ越~坊ガツル #1

スガモリ越(20110108) 028

スガモリ越(20110108) 077惑星タトゥイーン

スガモリ越(20110108) 107

当初の予定では牧ノ戸峠から混雑を避けて星生山に朝駆けつもりで前日遅く牧ノ戸峠に行くと、牧ノ戸峠P除雪されていなかった。 
何とかなるかと思い、なんちゃって四駆&スタッドレスで進入したら入り口でスタック。タイヤ回りの雪を手でかき出して何とか脱出。 
牧ノ戸峠からの入山は断念して長者原Pに戻り仮眠。
で、目標を長者原から三俣山への朝駆け(目標はⅣ峰、無理なら西峰)に変えて出発するも、あまりの雪の多さに行く手を阻まれ、
悪戦苦闘。イメージしていた時間より大幅に遅れ、スガモリ越到着が何と夜明け時間になってしまう。 
さらにスガモリ越から三俣山にはトレースは無く、私の体力じゃ無理と判断し坊ガツル経由長者原に戻る。 

新年早々散々な山歩きでしたが、久しぶりの青空の下での雪山歩きは気分爽快。気持ちよかった。 
長者原~スガモリ越~法華院温泉で会った人は北千里ケ浜からスガモリ越に登ってきた一人のみ。 
それにしても凄い雪ですね。くじゅう連山の冬は今季が2回目ですが九州の山でも条件次第ではこんなに積もるんですね。
道路はあっちこっちで圧雪状態だったし、長者原~牧ノ戸峠はまるで志賀高原。
登山道には30cm~50cmぐらいのサラサラの雪。大雪が降った直後の長野の里山と同じ。
本日は全工程8本爪アイゼンで歩きましたが、スノーシュー持ってくればよかったとちょっと後悔。それぐらいの大雪のくじゅうでした。
  1. 2011/01/08(土) 21:00:00|
  2. くじゅう連山