稜線の風を感じて

飯綱山(1917m) 新雪50cmスノーシュー三昧の山旅

20060318213910b.jpg

2006.3.18
日帰り 天気 晴れのち曇り
ルート:戸隠中社(神告げ温泉)~山頂~戸隠中社(神告げ温泉)


雪山テント泊登山を計画する人もいる中、私は相も変らぬ里山登山です。
今週はしっかりと天気を確認して天気が良い(といっても予報は晴れ、のち雨だが)土曜日で決行だ。
いつもの山といっても今回は少し状況が違うんだな、これが。
この時期にしては珍しく全工程スノーシューでした。
今週始め、結構まとまった雪が山には降ったようです。

今回ルートはいつもの南登山道と違ってマイナーな西登山道を行きます。
西登山道は戸隠中社からのスタートです(戸隠村は合併して現在は長野市になっています)
登山口に進もうとすると除雪がされておらず、仕方なく登山口Pの数百メートル手前の戸隠 神告げ温泉に車を止めます。
登山口に温泉があるっていいですよね。

神告げ温泉前の登山口入り口 
雪でこれから奥へは車で入れません。
20060318212046.jpg


歩き出してすぐ、スノーシューを装着。新雪10cm程度あって、つぼ足では歩きにくいので。
スノーシュー持ってきて本当に良かった。

今回はまとまった雪が降ったあとの最初の週末ということで、どうも私が一番乗りのようです。
トレースが全くありません。でも大丈夫。周囲の景色でルートを確認しながらテクテク歩きます。
20060318212215.jpg


工程の2/3程度のところにある萱の宮(かやのみや)の鳥居
20060318212905.jpg

鳥居を見てお分かりのようにこの当たりの積雪は1m程度(新雪が20cm程度でしょうか)
ここから先、急な登りとなります。しかし足が重い。でもスノーシューだから何とか登れます。
スノーシュー無かったら、ズボッとはまる度に意欲が萎え途中で引き返していたかもね。

苦しい登りを耐えると、戸隠連峰と北アの絶景が広がります。白馬三山当たり。
20060318213044.jpg


雪の段々畑
20060318213151.jpg


やっと飯綱山の南峰が見えてきました。もうひと頑張りだ!
20060318213747.jpg


登ってきたルートを振り返ると戸隠連峰と北アの絶景が!
20060318213829.jpg


南峰から山頂方面
南登山道から登ってくる人がいるので、ここから先はトレースがあります。
新雪の直後ということで、雪の白さが際立っています。
20060318213910.jpg


やっと山頂です。山頂標識の頭が少し出ているだけなので、積雪は150cm程度でしょうか?
ストックの頭を雪面に刺すと50cm程度軽く入るので新雪が50cm程度と思われます。雲が増えてきました。予報当り?
20060318213951.jpg


この時期にしては珍しく、まとまった新雪があり全工程スノーシュー登山となりました。
休憩を含め6時間。きつかったけど、いい思いをさせていただきました。
天気も味方してくれました。午前中晴れでしたが、昼ごろから雲が出始めましたが、下山まで持ってくれました。
着替えて車を出すと、なんと雨。



  1. 2006/03/18(土) 21:22:40|
  2. 長野周辺の山々