稜線の風を感じて

高社山(1351m)登頂できたのか!

高社山(20060325)053b
2006.3.25(今年7回目)
日帰り 天気スーパー快晴

今日はめちゃいい天気。
ということで、今回は残雪が多いであろう高社山(こうしゃさん)に挑戦してきました。

山頂の遠望(登山口に移動中)。雪多そうですね。さあ、どうなったんでしょうか?
20060325172722.jpg

南からみて高社山を境に北は飯山、栄村、津南町といった豪雪地帯になります。
こんなに早い時期に高社山に登るのは初めて(いつもは4月末)。 
残雪の状況が気になります。

谷厳寺(こくごんじ)に車を止めさせていただいてスタート。


登山口付近、日陰を除き、雪はありませんね
20060325172939.jpg



少し行くと雪が現れました
20060325173020.jpg



やっと展望のあるところまで登ってきました
20060325173108.jpg

左から飯綱山、戸隠山、黒姫山、右端の奥が妙高山、手前が斑尾山。
北信五岳(ほくしんごがく)の眺望ばっちりですね。
地元の人は「まみくとい」で5つの山の名前を覚えているようです。
み=妙高山、ま=斑尾山、く=黒姫山、と=戸隠山(高妻山)、い=飯綱山


雪がさらに増えました
20060325173225.jpg


つぼ足で歩いてきましたが、ズボッと20cmぐらい沈むようになり、スノーシューにチェンジ。
湿雪でも量が多いとスノーシューの出番ですね。
今シーズンは出番はもう無いと思っていましたが、役に立っています。やっぱり豪雪地帯ですね。
スノーシューでも15cm程度沈みます。結構体力消耗。


やっと尾根に出ました(土用場という場所)
ここから山頂方面と志賀高原~四阿山(あずまやさん)・根子岳の展望が素晴らしい!
残念ながら高社山の山頂は隠れて見えません(下の写真)
20060325173431.jpg



この先、稜線を通って山頂となるわけですが、
この先、大きな雪庇が多く、部分的に危ないところもあります。
1年前(?)に雪庇が崩れ転落して亡くなった方がいます。
今日は無理しません。今回は一人ですし。
ここからの展望で大満足。しかも誰もいません。一人占め。
今回はここで勇気ある撤退。雪は1.5m程度ある感じ。
勇気ある撤退といえば聞こえはいいが、実際は、この先さらに1時間もスノーシューで
歩くのかと思ったら意欲がなくなったというのが実態かも。
大きな雪庇があっても慎重に行けば大丈夫なはずだが。

今回のルート:登山口(谷厳寺P)~尾根(土用場=胴結場)~谷厳寺P

明日はどこ行こうかな?今週末は土日2日続けて日帰り登山の予定です。
  1. 2006/03/25(土) 17:35:24|
  2. 長野周辺の山々