稜線の風を感じて

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

虫倉山(1378m)

虫倉山(20060326)058b

2006.3.26
日帰り(ぐるりっぷ)薄曇り
ルート:登山口~虫倉神社~虫倉山~不動滝~登山口(周回コース)


昨日に続いて里山登山です。
次の週末は年度末ということもあり、山に行けそうな雰囲気ではないので、今回は土日連続の山歩きにしました。 
2日ぐらい続けて里山登山できないとテント泊縦走なんて出来ないぞと自分に言い聞かせて。

今回は、中条村の虫倉山(1378m)。
事前に中条村の役場に残雪の状況を問い合わせたところ「日陰の多いところでひざ位の雪があるのでは」との回答だった。
これぐらいならなんとかなるだろうと判断し、決行。 
ただし、厳しい「さるすべりコース」は、残雪が多ければ撤退覚悟でした。

登山口の中条村御山里太田を目指します。駐車場はないので、適当な
ところに駐車します。
今回は、残雪は少ないだろうと、久しぶりに夏山登山靴(LOWA)で
行きます。当然スノーシューも無し。
このコース、最初(30分程度)と最後(20分程度)に車道歩きがある
ので、冬山登山靴では少し辛いというのもあって。
久しぶりのLOWA TIBET GTX WXL、やっぱりフィット感は抜群でした。


登山口。水車があります。奥にトイレもありますよ。
20060326192901.jpg



大きな虫倉山の案内図もあります。今回は、虫倉神社経由さるすべり
コースで登り、不動滝に下りる周回コース。
逆もありだけど、ハードな「さるすべりコース」は登りに使う方が
安全かも。
20060326193001.jpg



車道をテクテク登ります。


少し登ると、これぞニッポンの農村の風景が広がります。
日本棚田100選とか。
20060326193121.jpg



虫倉神社手前の68段の階段を登ります。
20060326193217.jpg



虫倉神社。登山道は右手脇にあります。ここからが登山道。
20060326193411.jpg



この先少し雪が出てきましたが、問題はありません。


さるすべりコースの入り口に到着。おサルさんも滑る急な登り?
雪があるとやばいが斜度ですが、南斜面で融雪が進んだみたいですね。大丈夫っぽい。
20060326193520.jpg



少し登ると「奥の院」の社
20060326193606.jpg



ここからこのコースの核心部。鎖場もある急な登りとなります。
最初の鎖場
20060326193713.jpg



少し平坦なところに出るとこの残雪。20cmぐらいかな?
20060326193841.jpg



再び鎖場。断続的に続きます。これをクリヤーしたら、山頂だ!
鎖と格闘していたら、ヒュッヒュッと動物の泣き声がする方を見ると
カモシカ君発見。残念ながら樹林帯の奥だったので写真は撮れず。
20060326193940.jpg



ついに山頂です。意外に雪多いですね。50cm程度ある感じ。
20060326194050.jpg



天気は薄曇り、後立山方面の展望はいまいちですね。山頂には大きな
双眼鏡が。しかし残雪のため、腰ぐらいの位置だ!
山頂独り占めかと思ったら、不動滝から登って来たグループがほぼ
同時間に山頂着。リンゴとチョコを頂く。
Thanks! 特製名刺を渡そうと思ったら、持って来ていないや。
何やってんだか。


不動滝に向けて下山開始。山頂から不動滝方面、残雪結構あります。
締まっているので、ズボッとはまることはないので歩き易い。
20060327052816.jpg



不動滝まで下りてきました。
20060326194247.jpg



ここから登山口まで車道を20分程度歩きます。
杉林の中を歩きましたが、花粉症の症状は出ませんね。
空気がキレイだから?



  1. 2006/03/26(日) 19:43:21|
  2. 長野周辺の山々
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。